頭皮の皮膚炎の可能性

頭皮に湿疹や痒みを感じてきたらそれは皮膚炎となっている可能性があるかもしれません。
皮膚炎の症状にも様々あり、体調が影響して起こる皮膚炎や育毛シャンプーや育毛剤などがきっかけに皮膚炎を起こしてしまう可能性もあります。
それぞれどのような特徴と症状があるのかご紹介していきましょう。

こんな方は脂漏性皮膚炎の疑い

頭皮湿疹が起こって、まず最初に考えられるものは脂漏性皮膚炎です。
脂漏性皮膚炎とは頭部の毛穴を中心に皮脂が溜まってしまい、その皮脂が酸化して炎症を起こし、かゆみや痛みを起こしてしまう現象です。

誰にでも起こりうる症状で、特に油症の体質であまりシャンプーを行わないなど定期的な頭皮のケアを行っていない方に起こりがちの症状です。

シャンプーの仕方にも注意

また、シャンプーを行っていても、しっかりと洗い流さずにシャンプーの液が残った状態だと、その液体がフケやかゆみを引き出し、脂漏性皮膚炎となってしまうケースがあります。
脂漏性皮膚炎は汗の分泌が激しいTゾーンや生え際に多く見られます。


皮脂欠乏症皮膚炎の可能性

逆に頭皮に皮脂が不足がちで、保湿力が弱い方は皮脂欠乏症皮膚炎になる可能性があります。
こちらも頭皮に湿疹ができたり、痒みを及ぼすことがあります。

頭皮の乾燥が原因

特に乾燥しているシーズンに発症しやすく、頭皮が渇くことによってかぶれたような状態になり、カサつきやひび割れの症状が出始め、そこから湿疹や皮膚炎などを発症してしまうケースがあります。
カサカサに乾ききった頭皮だと、ひび割れを起こしやすく角質が割れたような状態になって湿疹などの原因になります。

アレルギーによる頭皮湿疹も

他にはアレルギー反応が原因で発症してしまうアトピー性皮膚炎や整髪料や育毛剤の成分に接触して起こってしまう接触性皮膚炎などがあります。

発症してしまった場合の治療法

皮膚炎が発症した後は、抗炎症作用のある塗り薬やステロイド系の塗り薬を使用して、刺激を鎮めていって徐々に炎症を押さえるというのが有効です。

また接触性皮膚炎の場合は、今現在使っている整髪料やリンス、シャンプー、育毛剤などをすべて使用を止めて様子を見た方が良いでしょう。

軟膏の塗布

皮膚炎が治まらない場合はケトコナゾールと呼ばれる成分が配合されている軟膏を使用して、皮膚の炎症を抑えていくのが効果的です。塗布する期間は少なくとも1、2週間程度続けて、症状が軽減されていくのか様子を見ます。
患部への刺激が強く、塗布するのが難しい場合は医師に相談してみましょう。