頭痛は誰にとっても悩ましいもの頭痛が頻繁に起こる、頭痛のせいで日常生活に支障が出るといった悩みを持つ人は多くいます。
その中で頭痛が起きたときに薬に頼ろうか迷うという人もたくさんいるようです。薬を飲むことに抵抗を感じている人もいるかもしれませんが、時には薬に頼って頭痛を和らげることも大切です。

薬を飲むタイミング

頭痛が起こった時には我慢せずに、すぐに薬を飲むようにしましょう。痛みが我慢できなくなったときに薬を飲むという人も多くいますが、痛みが強くなる前に薬を飲むようにしましょう。痛みが増してから薬を飲んでしまうと薬の物質が頭痛の原因物質を抑えきれなくなってしまいます。頭が少し痛み始めたなと思った時点で薬を飲むようにすれば、薬の効果を最大限に引き出すことができます。しかし、頻繁に薬を飲んでいるとだんだんと体が薬に慣れてしまって効き目が無くなってきます。そういった場合には医者から薬を処方してもらうのがベストだといえます。

頭痛の対策には薬もあるけれど...

薬は処方してもらうべき?

いつもとは違う激しい痛みを伴う頭痛、高熱が出たり、手足の麻痺などが伴ったりする頭痛が起きた時にはただちに病院に行き、医者から診察してもらうことをおすすめします。こういった頭痛はくも膜下出血、脳腫瘍、髄膜炎などの重い、命にかかわる病気の可能性が高いです。また、頭痛が日に増して強くなっている、市販薬の効き目が無くなってきたという人も病院に行き、医者から処方された薬を飲む方がいいでしょう。一般的に売られている市販薬は様々な人に効果が出るように色々な成分が入っていて、手軽に飲めるように弱く作られています。しかし、病院で医者から処方される薬は症状にピンポイントで作用するので自分の症状に合った薬を飲むことができます。自分がどんな症状の頭痛で困っているのかを詳しく医者に伝えることで、効果の高い薬を処方してもらうことができます。

薬なしでも治療できる?!

頭痛の一般的な治療法は薬です。薬は手軽に飲むことができ、即効性が高いので緊急時には便利なものです。しかし、薬に頼るばかりではなく、自分の症状に合わせた対処法を身につけておくことも大事です。例えばズキズキとした痛みのある頭痛ならばアイスで首の後ろを冷やすと効果的です。血管が収縮し、痛みを和らげてくれます。逆に、肩こりや目の疲労からくる頭痛ならば温めることをおすすめします。こういった方法を知っておくことで頭痛の予防にもつながります。