逆流性食道炎の治療意外に多くの人が経験したことのある、逆流性食道炎。一度かかるとクセになりやすく、とても気分のいいものではありませんよね。

仕事やプライベートにも悪影響が出てしまう逆流性食道炎、正しい治し方をご存知でしょうか?

薬局には様々な市販薬がありますが、自分で選んでもいいものなのでしょうか。誰もがなってしまう可能性のあるこの病気の治療方法を知っておくと、万が一のときの備えになりますね。

市販薬の選び方

突然襲い掛かる逆流性食道炎。胃酸が食道に逆流することで起こり、胸焼け・胃もたれ・違和感があり、放置していると悪化してしまう恐れもあります。ですのでなるべく早めに治療したいものです。

逆流性食道炎は、市販薬を正しく使用することで、症状を緩和させることができます。市販薬には、強めのものから弱めのものまで様々な種類があります。また市販薬には効果により使い分けることができます。

吐き気や嘔吐、胸焼けなどの症状を抑える薬

効果は一時的なものですが、効率よく使えばとても便利な薬になります。例えば仕事の前や、胃の不調で眠れない夜など。「プリンぺラン」や「アルロイドG」が代表例です。ただしこれらは逆流性食道炎を直接治すものではないので、その点は理解しておきましょう。

逆流性食道炎と向き合う

胃の粘膜を強くしてくれる薬もあります。

ムコスタ」、「セルベックス」、「ガストローム」などはその例です。逆流性食道炎にかかると、ほとんどの人の胃の粘膜は薄くなってしまったり、弱ってしまっている状態です。ですので、この場合には胃の粘膜を強くしてくれる薬がとても効果的になります。

ガスター10」などはよく知られた市販薬ですが、胃酸の分泌を抑制するタイプで、非常に強い作用があるので、服用の際は注意が必要です。

また胃酸の影響で傷ついたり荒れてしまった胃を保護してくれる薬もあります

症状がひどくなると胃酸の量が増えてしまい、胃の中も荒れてしまいがちです。そんな胃や胃の粘膜を保護してくれるので、定期的に飲み続けると胃の状態が安定します。

市販薬にはこれらのように種類がありますので、安易になんでもいいかと選んでいいわけではありません。きちんと説明を読み、自分に合う薬かどうかを判断してから選ぶのが大切ですね。分からないときには薬剤師の方や販売員の方に尋ねてみましょう。

病院で薬を処方してもらい、治療する

自分では市販薬の選び方が分からない場合や、症状がひどくなってしまった場合。これらの場合には、病院の診察を受けて自分に合う薬を処方してもらうことをおすすめします。

症状が軽くても、市販薬では不安だという人にも、病院での治療がおすすめです。逆流性食道炎には様々なパターンがありますので、自分に合う薬を病院で処方してもらうのは、一番いい方法です。すでに市販薬を服用している人も、一度は病院で診察してもらうと安心できますよ。

病院での治療のメリットは、順序よく体調などに合わせて治療を進めていくことができることです。また自分の仕事などライフスタイルにも合わせて薬を処方してもらえるので安心です。しっかりと完治させるためには、やはり病院の治療が必要なのですね。

少しでも胃の不快感を感じる人は、早めに病院を受診してもいいかもしれません。逆流性食道炎の治療は長引くこともあるので、ぜひ早めの受診をおすすめします。