神経はつながりあっているので原因は様々

みなさんは足や腰に痛みやしびれを感じたことはありますか?もしかするとそれは、神経からきているのかもしれません。いつもおしりにしびれを感じる人や、足に違和感のある人は要注意です。足・腰にくる神経の痛みの症状や原因、対策をまとめました。足・腰が丈夫でないと日常生活にも支障が出てしまいますよね。悪化する前に、神経の痛みの原因を探って改善しましょう。

神経の痛みによる主な症状

主な神経痛の要因は加齢

足、腰、おしり周りには大きな神経があり、それらは繋がっています。その神経が痛むと、いろんなところに悪影響が出てしまいます。主な症状としては、腰やおしり、太もものしびれ。歩くたびに足・腰が痛む。痛みで寝付きにくく、眠れない日もある。腰を動かしと足が痛む、反対に足を動かすと腰が痛む。などの症状がある人は要注意です。ひどくなると慢性化し、ヘルニアになってしまう心配も出てきます。痛みは片足など一部だけにかかる場合と全体にかかる場合があります。どちらの場合も、痛みの進み方によって症状は悪化してしまうので、ほっておかずに早めに病院を受診しましょう。

神経の痛みの原因

足・腰の神経の痛みの原因は様々ですが、主に加齢が原因であることが多いようです。加齢と共に骨の変形やズレによるもの、骨そのものがもろくなってしまう場合もあります。加齢による骨の変化は止めることはできないので、仕方のない部分もあります。
他にはスポーツなどで腰や足に極端に大きな力が加わることが原因になることもあります。プロのスポーツ選手には、足・腰の神経を痛める人がとても多いのです。また子供がスポーツをしているときにも起こしやすいようです。普段の生活では使わない筋肉や、体の使い方をすると神経の痛みになってしまいます。運動する前にはストレッチで体をほぐすなどの準備が必要になってきます。

神経の痛みの治し方と予防方法

ストレッチと正しい姿勢の維持が大事

神経が痛まないようにするには、姿勢を正しく保つことが最も大切になります。座るときも、立つときも、運動するときも姿勢には十分気をつけます。背筋をのばし、軽く腹筋に力の入った状態が一番最適です。椅子に座るときに足を組む癖のある人はなるべく直しましょう。骨がズレてしまい、神経の痛みの原因になってしまいます。正しい姿勢は初め少し疲れてしまいますが、慣れるとそれが一番疲れにくい姿勢だということに気付くはずです。

。痛いからといって動かずにいると、筋肉や筋が固まってしまい、余計に悪化させて治りにくくなってしまいます。なるべく早い段階から足や腰周りをほぐし、体を慣れさせないといけません。神経が痛む状態は、神経がこわばっている証拠です。神経をなるべく使い、日頃から軽い運動などで動かしてあげることはとても大切なのです。筋肉がこわばらないためにも、毎日のストレッチは欠かさずに行いたいですね。