筋トレでダイエット

「筋トレなんて、そりゃあ痩せるかもしれないけれど、ムキムキマンになんかなりたくないわ。」あなたが思っているほど簡単にはムキムキマンにはなれないのです。それに男性より、女性は体質的に筋肉が付きにくいと言われています。ボディビルダーのイメージが強すぎることも、筋トレダイエットから遠ざけている理由かもしれません。

ダイエット=体重の減少でしょうか

勘違いは体重にこだわり過ぎるところにもあります。もちろん体重を減らすことイコールダイエットと思われていることも事実です。でも、よく考えてください、体重を減らしたいのか、スレンダーなくびれたボディを持ちたいのか?体重を急激に減らした方の皮膚がたるんでいるのを見たり、減量でシワが増えたりするのを経験した方は多いと思います。

ただ、体重を減らすために減食してバランスを崩すとバストが縮んだり、体が貧弱な感じになり逆に腹部だけが元のままだったりします。筋トレをしていると、一時的に体重が増えることがあります。このことで、驚いて筋トレをやめてしまうことが多いようです。では、なぜ一時的にしろ体重が増えてしまうのでしょう。

それは、筋トレによって筋肉が付くとその分重さが増します。筋肉がついた分重くなります。筋肉は脂肪の倍の重さがあります。脂肪は取れにくいため、ついた筋肉が体重を増やしてしまうからです。

格好のいいボディを手に入れるのには筋トレが近道

筋トレダイエットと減食ダイエットの最大の違いは根本的な体質改善とただ入ってくるものを減らすだけの対処法との違いです。後者はやめてしまえばそれまでです。意識していただきたいのは筋肉と脂肪の体積の違いです。同じ重さなら筋肉の体積は半分です。先程も書いたように重さが倍ということは体積は半分ということです。

わかりやすく言えば体重が同じであれば筋肉質ならばウェストがくびれ、太ももからおしりも締まっているということです。筋トレしている55kgの人のほうが50kgの人より体がくびれ、細く見える事があるのはこういう理由からです。

筋肉が付くと太りにくくなる

運動をしていなかった人ほど、ボディラインが引き締まってきて筋トレが楽しくなってきます。生きるために心臓を動かしたり、呼吸をするために人はカロリーを消費しています。これを「基礎代謝」と言いますが、筋肉が付いてくるとこの「基礎代謝」が増えていきます。筋肉を付けることで代謝が上がり何もしないでも痩せる体質になるということです。

引き締まった体と太らない効率のよい体をあなたも筋トレで手に入れてください。

基礎代謝を上げるトレーニングも参考に: