口内炎が出来る原因は主に三つ

疲労や免疫不全によるアフタ性口内炎とウィルスや細菌の繁殖によるウィルス性口内炎、物理的刺激によるカタル性口内炎そのほかにもアレルギー性口内炎ニコチン性口内炎などがあります。

口内炎の治し方

症状としては円系や
や楕円の白っぽい潰瘍が何度も繰り返して出来たり赤くただれびらんのようになったり水泡が出来て潰れたり軟膜に炎症が起きて食べ物が沁みたり痛んだりします。ストレスや栄養障害や時にはベーチェット病などの全身性疾患が原因の時があります。後はヘルペスなどのウイルスや虫歯や入れ歯の不具合ややけどなど様々です。口内炎の治療は自然に治るのを待つほかにビタミンB2剤を摂取して栄養バランスを整える他に内服薬や塗り薬や張り薬やうがい薬を活用して症状の軽減を促します。

アフタ性口内炎、カタル性口内炎に効果のある薬

早く治したいけど、病院に行く時間が無い…という人は、以下の市販薬をおすすめします。

口内炎にはビタミンなどのサプリも

1,ビタミンB群などのビタミン剤
上にも書きましたが、ビタミンB2などのビタミンB群を中心としたビタミン剤の内服薬は効果があります。

2,殺菌効果のある薬
炎症を抑えて殺菌効果のある塗り薬、貼り薬があります。患部に直接塗ったり貼ったりします。痛み止めの効果のある薬も市販されています。

3,ステロイド系の薬
病院へ行った場合、ステロイド系の軟膏を処置、処方されます。

軟膏を塗る場合の注意事項

口内炎には軟膏も

口内炎に軟膏を塗る場合、患部の唾液をティッシュなどで拭き取った後に塗ると効果的です。また、塗る時もできるだけ乾いた指で塗るか、軟膏を綿棒とって塗ってください。何故なら、濡れた指で塗ろうとすると肝心の患部に上手く薬がつかないからです。少し痛いと思いますが、できるだけすり込むように塗りましょう。食前はせっかく塗った軟膏も食事中に剥がれてしまいます。寝る前や歯磨き後、水分補給の後などに塗ると良いでしょう。一度塗ったらできるだけ触らないようにしてください。

新しく口内炎を作らないために

新しい口内炎の対策はバランスの取れた食事でビタミン不足をなくしましょう。サプリメントなどでビタミンを補っても良いでしょう。免疫力を上げる為に規則正しい生活をしましょう。いくら薬や病院に頼って治しても、それは対症療法でしかありません。病気は予防するに越したことはありません。口内炎だけでなく、規則正しい生活はあらゆる成人病を防いでくれます。また、口の中を乾燥させないことも効果があります。
また、口の中を乾燥させないように水分をたっぷりとり飴やガムなどで唾液の分泌を促しましょう。口の中が乾燥していると、細菌が増えて口内炎が治りにくくなってしまいます。

殆どの場合、口内炎は1週間ほどで、長くても2週間以内には治ってしまいます。それでも治らない場合やひどくなる場合は歯科や口腔外科や耳鼻咽喉科を受診した方が良いでしょう。また、口内炎以外にも何か普段と比べて体調がおかしいと感じたら、普段かかりつけのクリニックや内科に相談してみるのも有効です。重篤な病気の場合、病気は早く見つけるに越したことはありません。