ダンベルを使った筋トレ本格的に筋トレをしようと思った時、必ずジムに行くべきだと思っていませんか?

わざわざジムに行かなくても、自宅で本格的に筋トレが出来るメニューはたくさんあります!
そんな自宅で出来る筋トレのメニューの中でも、今回は「ながら筋トレ」に焦点を当ててご紹介したいと思います。TVを見ながら、好きな雑誌を読みながら、わざわざトレーニングマシーンを用意しなくても出来る本格的な筋トレメニューですよ!

ながら筋トレ①:座ってTVを見ながら全身運動

今や100円ショップでも売られているダンベル、これを使わない手はありません。自宅で座ってTVを見ながら、ダンベルを使って全身の筋トレをしてみましょう。

まずは両手にダンベルを持ってソファや椅子に浅めに座り、背筋を伸ばします。そのままつま先を床から離し、全身をL字型にします。それと同時に両手を左右に伸ばし、ダンベルを肩の高さまで持ってきます。ひじを曲げないように気を付けながら、ダンベルを頭の上まで持ち上げる→肩の高さに戻す、これを10回繰り返します。10回繰り返したら足も降ろして1セット完了です。慣れていくにつれ、セット数を増やしましょう。

ながら筋トレ②:本を読みながら腹筋バランス

雑誌でも小説でも写真集でも、自宅で好きな本を読みながら出来る腹筋の筋トレメニューです。

床に体育座りをして、膝が90度になるように少し伸ばして下さい。その状態で上半身を床と45度の角度になるように倒し、好きな本をお腹の上に置くようにして手で持っておきます。上半身は固定したまま、脚を持ち上げて、膝をおでこに付けるイメージで繰り返し上げ下げしましょう。30回で1セットを目安に、どんどんセット数を増やしてみて下さい。

腹筋を効率よく鍛えるためには、視線をおへその辺りに持ってくる必要があるのですが、この方法ならお腹に本を置いているため自然と視線をおへその辺りに持ってくることが出来るため、とても効率良く腹筋を鍛える事が出来ます。

もしも「ながら」にこだわらずに自宅で本格的な筋トレがしたいのなら、「腕立て伏せ」が一番です。
腕立て伏せは、腕、背中、胸、お腹、太もも、ふくらはぎと、全身の筋肉を効率良く使って筋トレをする事が出来ます。腕立て伏せのポーズになるだけでも大変だという人は、初めはつま先を使わずに、ひざ下をクロスしてひざを床に付けた状態で初めてみて下さい。

これらのメニューを毎日続けていれば、ジムにお金や時間を使わなくても、自宅でバッチリ全身の筋トレが出来ますよ!