膀胱炎の原因

細菌の感染が主

女性の健康

膀胱炎になってしまう原因は、細菌の感染によるものが主な理由です。。

自分自身の抵抗力が弱ってしまった時に細菌が増殖してしまうこともありますし、公共施設の衛生的に綺麗ではない場所で不意に菌が付着して膀胱炎を発症してしまうというケースなどもあります。

疲れている時の免疫低下に注意

膀胱炎が起こってしまう原因で多いのが体力が低下している時や、高齢になって免疫力が落ちた時です。

人間の体は健康体の時は免疫力があって、菌に対しての抵抗力を常に持っているのですが、例えば、病気をしてしまった時や、仕事で疲れた時、体の衰えを感じた時に膀胱炎になってしまう可能性を秘めています。

新陳代謝が活性化されず老廃物が溜まり、菌が付着しやすい体の状態になっています。

衛生面がきっかけに膀胱炎になってしまうことも!

膀胱炎は体の健康状態も重要ですが、衛生面もそれと同じぐらい重要です。
特に女性の方が発症しやすいので、普段の生活の中で気をつけるポイントがいくつかあります。

例えば、「運動を行った後や体を動かした後に汗をそのままにしておくこと」、「お風呂に数日間入っていない」、「服を洗わず毎日同じものを着ている」、「不衛生な状態でセックスや自慰行為をすること」、などが挙げられます。

どれも菌が膀胱に付着しやすい状況で、特にセックスや自慰行為は膀胱が外部の菌を呼び込んでしまうのに一番危ない状況なので、自分の体はもちろんのこと、周りの環境もキレイな衛生面を意識することが重要となってきます。


こんな症状が出たら要注意!

状況次第で膀胱炎の可能性は誰にでも秘められています。
遺伝的というよりも生活環境や衛生面による部分が大きいです。

膀胱炎になって最初に感じることは排尿するときに違和感があるということです。残尿感、尿道の痛み、おしっこの出が悪い、尿の色に変化がみられる、トイレが近くなるなどの要素は膀胱炎の初期症状として確認されています。

細菌が膀胱内に住みついてしまうと、自力で治すのが難しくなってしまいます。

治療は病院へ行くのが懸命

市販されている利尿作用や抗炎作用のある膀胱炎用の薬は販売されていますが、まだその段階で膀胱炎という断定はできないので、医師の診断を仰いでから、どのような薬を使うのか判断した方が賢明です。

女性に多い悩み

特に男性より女性の方が膀胱炎になる確率が高くなっています。衛生面と普段の生活の両方を意識して対策を行ってきましょう。