正しいストレッチ方法を覚えましょう

腰痛になってしまうと、腰に痛みが走ってしまい何をするでもとても大変な思いをすることになります。そんな腰痛ですが、なかなか治らない!という人もいます。でも実は毎日の小さな積み重ねで、腰痛は改善するのです。

腰痛ストレッチをご紹介する前に!

ずっと同じ姿勢でいることで体の筋肉は固まってしまいます。これが腰痛につながるのです。ですのでストレッチを行うことによって、緊張してしまった筋肉をゆっくりとほぐしてあげることができます。
ストレッチは、腰痛の改善だけではなく予防も兼ねているのです。全身リラックスすることによって、腰痛とさようならしましょう!

腰痛ストレッチができない人

腰痛の種類によっては、ストレッチが腰痛を悪化させることあります。さらに現在腰痛によって、痛みを抱えている人は、ストレッチをして無理をすることになります。腰痛の治療を行っているのであれば、専門家に確認したうえでストレッチをするかどうかを決めてください。絶対に無理はしないようにしましょう。

仕事場でできるストレッチ編

同じ姿勢を続けることも腰痛の原因

デスクワークなどの座りっぱなしの仕事のために腰が痛い!という人もいます。この腰の筋肉を固く緊張させてしまうことと関係するのが、“足”なのです。足の筋膜と腰の筋膜はつながっています。このために足をほぐすことで、腰の緊張をとくことができます。

  1. 椅子に浅めに座り膝頭をしっかりとくっつけます。
  2. 片方の足をゆっくりと伸ばしていきます。この時に太ももの裏側がつってくるように感じることでしょう。
  3. 無理しない程度で止め、太ももの裏側をゆっくりと手の平でさすります。これで太もものつりが改善されるのを感じます。緊張がほぐれているのです。
  4. 両足をします。1日にに3回ほどを目安に、疲れたら机の下でチャレンジしてください。

家でするストレッチ編

家ではリラックスした状態で、普段あまり動かさないけど腰の周りの筋肉と関係の深い背骨周りの細かい筋肉を動かしていきます。

  1. 四つん這いになります。この時に腰に痛みが走るのであれば、やめましょう。
  2. お腹をぐっと引き上げて、背中を丸めていきます。猫のような感じです。
  3. そのまま肩甲骨を下げるような感じで、お腹ト背中も下げていきます。2の逆をします。
  4. 1分間3の状態をキープして、四つ這いに戻ります。
  5. ストレッチの効果

これらのストレッチは3分ほどでできるとても手軽なものです。でもその効果は抜群で、筋肉の硬直を取りリラックスさせることができます。もともと腰痛は腰の筋肉の緊張から起こります。ストレッチでその近著を毎日ほぐすことで、しなやかな体、腰になりましょう。

腰痛についての記事一覧
・参考記事:腰痛、肩こりは人間の宿命!?家庭でも簡単にできるストレッチで予防対策を!
・参考記事:腰痛には日々の予防意識が大切です。ツボをマッサージして腰痛予防を!