腰が痛い...

腰痛でお悩みの方。何をしても治らない、一体何が原因なの?とお悩みではありませんか?実は、腰痛の原因はあなたの普段の姿勢にあるのかもしれませんよ。腰痛はほっておくとヘルニアにもなりますので、早めに治しておきたい症状ですよね。普段の姿勢を少し意識すれば、腰痛緩和に繋がるはずです。
 ぜひあなたもチェックしてみてください。

座る姿勢は腰に負担大!

腰痛対策は姿勢が大事

腰痛は、一箇所に体の負担がかかることにより起こる現象です。座る姿勢というのは、実は一箇所に負担のかかるとても腰痛になりやすい姿勢なのです。体が楽だなと感じる姿勢が、よくない姿勢だったというこはよくあります。よくない座り方を長時間とっていると、脊椎にも負担がかかり、腰痛の原因となってしまいます。腰痛になりにくい座り方とは、背筋や首がしっかりと伸びている状態です。くつろぐときは、みなさん腰を浅くして座り、首も伸びていない状態だと思います。本当に正しい座り方は腰を深くして座り、背筋を伸ばして、首も真っ直ぐに伸びた状態で座る姿勢です。腹筋に力を入れて座ると、自然と座りやすくなります。慣れないうちは、なかなかただし座り方でくつろぐことは難しいかもしれません。しかし、次第に慣れていき、正しい姿勢の方が長時間座っても楽なことに気付くはずです。毎日デスクワークの人は腰痛になりやすいので、正しい座り方で腰痛予防をしてみてください。

立つ姿勢にもご注意を

座る姿勢が最も腰に負担のかかる状態といいましたが、立つ姿勢も立ち方を意識しなければ、腰に負担がかかっているかもしれません。立つときの正しい姿勢は、背筋が伸びていて、体重の負担が両足に均等にかかっている状態です。脊椎が伸びているのを意識して、腹筋に力をいれると分かりやすいでしょう。立つ際に脊椎に負担がかかると、そこから腰痛に変わっていくので注意が必要です。正しいたち方は見た目もきれいで、長時間立ちっぱなしでも案外疲れないものです。正しい立ち方を覚えておいて、脊椎に負担をかけないように意識しましょう。

抱き枕も腰によい

寝るときにも姿勢を
意識して

朝起きて腰になんとなく違和感がある…。という人は、寝るときの姿勢が腰に負担をかけている証拠です。たいていの場合仰向けに寝ている人が多いので、意識して横向きの姿勢をとってみましょう。仰向けだと、腰骨の形などにより、人によっては腰に一晩中負担をかけてしまうことになります。横向きの自分が楽だと感じる姿勢をとって寝るのがおすすめです。また寝具が硬すぎて合っていない、などの理由も考えられますので、一度チェックしてみてくださいね。

腰痛が起こってしまう原因は、脊椎に負担がかかって、その姿勢を長時間とってしまうことにあります。まずは腹筋を意識して、背筋を伸ばすことを目指しましょう。正しい姿勢は腰痛を必ず緩和してくれるはずです。