腰痛の原因が実はここにあった?あなたの腰痛の原因を解明

腰痛の原因は様々ですが、最も多い原因がヘルニアといわれています。

ヘルニアにも何種類かありますが、一番多いのが椎間板ヘルニア。一般的にヘルニアといえば椎間板ヘルニアを指します。

背中から腰に掛けては一本の背骨が通っています。

背骨は椎骨がいくつも繋がるようにして構成されています。そして椎骨と椎骨 の間には軟骨という柔らかい骨がクッションの変わりになっています。 ヘルニアとはこの椎骨の間にある軟骨が飛び出してしまった状態の事を指し、飛び出した軟骨が神経を圧迫してしまうために激しい痛みやしびれを引き起こすのです。

椎間板ヘルニアの原因は環境要因による場合が一番多いようです。

つまり日頃から姿勢が悪かったり、腰に負担がかかる動作を過剰に行って、その結果発症する場合がほとんどです。 さらに遺伝的要因で、生まれつき腰の骨が弱かったり、加齢による軟骨の弱体化も椎間板ヘルニアの要因となります。 直立した状態から少し前かがみになるだけでも腰の椎間板には体重の2倍以上の圧力がかかるといわれており、 慢性的な猫背は腰にとても大きな負担をかけてしまう事になるのです。

椎間板ヘルニアの治療にはリハビリやストレッチによる保存療法と、外科手術による治療法との二種類があります。

ヘルニア以外の腰痛にもいえますが、日頃の生活習慣を改善するだけで自然治癒する場合も多い疾患なので、ヘルニアと診療を受けた場合にはまず保存療法を薦められる場合が一般的です。

しかしすでに症状が重く、脚などに痺れがあったり日常生活に支障をきたすと医師に診断された場合は手術によって治療する場合もあります。 ちなみに厚生労働省が定めるガイドラインではヘルニアにより、排尿、排便が困難な場合には緊急手術を受ける事を薦めるように定められているようです。

ほとんどの腰痛の原因は日常の生活習慣にあるといわれています。

普段から腰への負担を減らすように心がければ、それが自然とヘルニアの予防になります。 予防や再発防止の方法としては、体重が増え過ぎないように注意する、毎日ストレッチを行う、腹筋と背筋を強化する、等が挙げられます。