背中のマッサージ生涯に腰痛を経験する人は日本だけの調査でも全人口の8割に上るともいわれています。この割合は世界各国の調査でも大同小異の数字で、腰痛はまさに人類が二足歩行を始めた時から抱える宿命ともいえるべき症状なのです。

そもそもなぜ腰痛になるのでしょうか?腰がある日突然、急激に痛み出した場合は椎間板ヘルニアやぎっくり腰を疑う必要があります。しかし多くの場合はなんとなく重く苦しい痛みが度々腰に起こるような感じでしょう。これが慢性的な腰痛症の始まりです。この腰痛症は、座る時の姿勢が悪かったり、長時間にわたって腰に負担をかけ続けてしまうと発症します。また運動不足や肥満が原因で腰のあたりが血行不良になる事によって引き起こされる場合もあります。このように血行不良の状態が続くと筋肉が固くなり、周囲の神経を圧迫する事によって腰痛が起きます。また近年では長時間にわたって緊張状態が続くと、ストレスにより腰痛を引き起こす場合もあるという研究結果も報告されているようです。

腰痛は症状が軽いうちは回復しやすく、しばらく腰を休めるように心がければ腰痛は収まる場合がほとんどです。しかし腰痛があるにもかかわらず何も処置せずにおくと症状は慢性的なものになり完治するのが難しくなってきます。腰痛は一度慢性化してしまうと回復したとしても症状が繰り返されてしまう可能性が非常に高い厄介なものなのです。

腰痛はまだ軽いうちの初期症状であればツボを刺激するとてもマッサージが効果的です。腰の辺りには中央の腰骨を中心に左右にツボがあり、そこを親指で押すように刺激します。押してみると適度の心地よく感じるのですぐに要領はつかめるでしょう。本当ならうつ伏せになった状態で誰かに押してもらうのが理想的ですが、座った状態で自分で手を後ろに回してマッサージする事も充分可能でしょう。この腰のツボを軽く30回程度押しもむマッサージを毎日続ければ腰痛予防に一定の効果を発揮するでしょう。特にお風呂上りなどの血行が良くなっている状態に行うのが効果的です。

腰腿点(ようたいてん)

また腰痛に効果のあるツボは手の甲にも存在します。この手の甲にある腰痛のツボを腰腿点(ようたいてん)と呼びます。手の甲の、小指と薬指、人差し指と中指のそれぞれの骨の別れ目に沿うように下がり、手の甲の中心部分の二点が腰腿点です。この二点のツボを親指と人差し指で挟むようにしてマッサージします。本来ならツボの刺激は鍼灸の領分ですが、簡単なツボ刺激のマッサージなら素人が行っても一定の効果は期待できます。腰痛にはまず日々の予防が肝心です。ツボのマッサージで腰痛予防を心がけましょう。