四十肩と肩こりは全く別物

皆さんは、四十肩五十肩と聞くと、どんなイメージを思い浮かべますか?年齢が40代・50代になり、老化と共に肩こりがひどくなって肩が上がらなくなった、などといったイメージでしょうか。

実は、肩こりと四十肩五十肩は全く別物です。今回は、肩こりと四十肩・五十肩の違いを含めて、四十肩・五十肩について治療法などの正しい知識を学びましょう!

肩こりと四十肩・五十肩の違いは?

肩こりは、長時間同じ姿勢をしていたり目を酷使したりすることで起こる「筋肉疲労」によって、肩周辺の筋肉に老廃物が溜まった状態を言います。

それに比べて、四十肩・五十肩には「肩関節周囲炎」というれっきとした病名があり、名前のごとく肩周辺の関節で炎症が起こっている症状のことを言い、肩こりとは全く別の状態です。四十肩や五十肩といった呼び名はいわゆる俗称で、そのような年代の人がなりがちなのでそのように呼ばれ始めたのでしょう。

四十肩・五十肩の原因と、その症状は?

四十肩や五十肩の痛みは、病名の通り肩の周囲で起こる関節の炎症が原因ですが、その炎症が起こる原因としては残念ながら明らかにされていないのが現状です。そのため、40代50代に多い事は事実ですが、もっと具体的にこういった人がなりやすい、といった傾向もまだよく分かっていません。

その症状は、痛みで腕を高くまで上げられなくなったり、腕を後ろに回すような肩をひねる動作が出来なくなったりと、腕を回せる範囲が急激に狭くなったりします。肩が痛いけれど動作には支障が無いのであれば肩こり、動作によって痛みを感じたり、痛みが強くて動作自体が出来ないようなら四十肩・五十肩の可能性が大きいでしょう。

四十肩や五十肩、その治療法は?

原因が分かっていないため、炎症そのものを治す治療法はありませんが、とは言ってもそんなに悲観する必要はありません。これらの症状は、特に治療をしなくてもだいたい半年から1年くらいの間に自然と治るケースがほとんどだからです。もちろん、病院に行けば適切な鎮痛剤や温熱療法などの痛みをやわらげる処置をしてもらえますので、生活がしやすくなり完治への近道になるとも言えるでしょう。

今から出来る予防法

年齢が進むにつれて、肩の関節も動かしにくくなってきます。日頃からストレッチや軽い運動をするように心掛けて、肩関節をほどよく動かしておきましょう。また、肩の辺りがしびれるような感じがしたら、それは前兆かもしれません。本格的な痛みに発展しないように、前兆のうちから肩を温めたり無理のない程度に肩を回したりして改善をはかりましょう。

四十肩・五十肩は一定期間で自然治癒出来る症状ですが、正しく理解する事で少しでも痛みや生活の不便を解消して過ごして下さいね。