慢性的な肩こりや、そして、肩こりから来る頭痛やその症状によるストレス。日々痛みと格闘している人は多いのではないでしょうか?毎回マッサージや鍼に通う時間もない、費用がかかるので行きにくい、そんなあなたにまずは自分で出来る簡単な肩こり解消法を紹介します。

1 正しい姿勢で座る

肩こりで悩む人のほとんどがデスクワークの仕事に就いているケースが多いです。パソコンの画面との距離は40~50cm以上離しましょう。キーボードは手を置いた時に、肘の角度が90~100度くらいになるように心がけて下さい。そして、椅子には深く腰掛け、お腹の下の部分に力を入れましょう。また、長時間の作業の際には、1時間に数回、伸びをするだけでも効果的です。

2 首や肩を冷やさない

夏のエアコンによる冷え、また冬の寒さに身を縮める筋肉の緊張は、肩こりを悪化させる原因です。肩こりは肩の周りの血行不良が原因で起こります。首や肩を温めてマッサージを行う事で、老廃物を押し流し、血行が改善します。電子レンジで温めたタオルを両肩とうなじにかかるように乗せたり、また、カイロなどで温めると、筋肉がほぐれて肩こりの改善になります。

3 運動を取り入れて血行を良くする

運動を続ける事で全身の血流を改善して、普段から肩こりを起こしにくい体を作ることも大事です。肩こりの解消には筋肉に負荷をかけるよりも、全身の筋肉を動かすことに意味があります。また、全身運動は、ストレスによる肩こりの解消にも効果的です。気分転換になり、目標を持ち楽しみが増え、とくに気分が落ち込みやすい女性には最適の解消法と言えるでしょう。無理はせず、日頃から適度な運動を心がけましょう。

4 食べ物に気をつける

肩こりが完治すると言う所までは行きませんが、とても重要なのが食事です。肩こりに効果のある代表的な食べ物は、大豆、梅干し、レモン、グレープフルーツ、プルーン、鶏肉などのコラーゲンを含む食品、豆腐、ヨーグルト、チーズです。
肉類、糖分を控えて野菜や穀物中心の食生活にして、良く噛んで食べる事が肩こりの改善に繋がっていきます。また、健康を促進する事にもなるので、積極的に取り入れていきましょう。

いかがでしょうか?慢性的なコリ、痛みの原因は1つではありません。全身の筋力や動作をあらためる体作りが大切です。少しずつでも肩こりが解消していくように、日々心がけていきましょう。