毎日のように頭が痛い!という人はいませんか?肩こりのある人には、慢性的な頭痛は起こりやすいのです。しかも肩こりからの頭痛はしつこいとも言われています。圧迫感のある重い痛みに悩まされている人も少なくないと思います。肩こりからくる頭痛を緊張型頭痛といいます。どんな人がこの頭痛に悩まされやすいか考えてみましょう。

ストレスを抱えている人

眠りも大事

朝目覚めて、バタバタと忙しく動いていると神経も緊張してしまいます。またその状態で仕事に入ってしまうと、ミスをしないようにというプレッシャーからしまうと、しぜんと体にストレスが!多すぎる仕事量や人間関係などは、自分が知らない間にストレスを抱えている心理状態になります。これが原因で、体の緊張を起こし、頭痛を引き起こします。

改善策としては、目覚めてから布団の中でストレッチするなどの時間的余裕を持つことです。また暖かい朝ご飯を食べてエネルギーをチャージしましょう。仕事からくるストレスに備えます。

PCでの作業ばかりの人

ストレスが肩こりの原因

PCをいつも使っている人は、それだけでも目からくる疲れや姿勢の悪さから肩こりを引き起こしてしまいます。無理をして仕事を早くすすめようと休憩なしに仕事を頑張っている人、残業で遅くまで仕事をしている人などは、肩こりや頭痛を持ちがちです。

午前中だけでも、パソコンワークの途中で、2~3回は目を休めたり、体操をしましょう。無駄な時間に思えるかもしれませんが、仕事の効率化にもつながり決して無駄な時間ではありません。また休日には休養と気分転換をしましょう。できるだけ仕事やPCから離れて、自分のために時間を過ごすようにしましょう。

食事が偏りがちな人

健康と美容のために、野菜やフルーツばかりを食べているという人もいるのではないでしょか?また女性はダイエットなどで、脂肪分の少ない食事をいつもしているかもしれません。しかしこれが、かえって肩こりや頭痛の原因にもなりかねない!ということを知っていましたか?

確かに野菜は体に良いです。しかし何事も、バランスが重要です。野菜でも、温野菜をとるようにしましょう。サラダなどは体を冷やしてしまいます。このように。血行が悪くなると、肩コリが悪化してしまいます。偏った食事ではなくバランスの取れた温かい食事をとるようにしましょう。また夜食は避けるようにしましょう。

肩こりや頭痛は日常のちょっとしたことで、起こっている可能性もあります。しっかりとケアしていきましょう。