野球肘と向き合う小学生や中学生の中にはクラブ活動や部活動で「野球」を行われている人がいると思います。しかし、野球を行っている子供の中には「肘が痛い…」と言って肘に痛みが生じる人もいます。もしかしたらその痛み、野球肘かもしれません!

そこで今回「野球肘って何?」と思われる人もいると感じますので野球肘について紹介していきます。

野球肘の症状と原因

野球肘の症状は主に「肘への痛み」「筋肉や筋への痛み」「関節に鈍器で殴られたような衝撃が起きる」等があります。しかし野球肘の1番厄介な所は痛みが続くのではなく、少し休むと痛みが抜けていく事です。そのため「痛みが無くなった」と思い、続けてしまうと症状を悪化させてしまいます。

症状が深刻化しますと大人になるに従って腕の伸ばしに障害が発生したり、中には通常時でも痛みが生じるようになります。

そんな野球肘の原因は何でしょう?

野球肘の主な原因として「投げ過ぎ」「投球フォームが悪い」事が挙げられます

特に投げ過ぎが野球肘を発症させやすいと言われています。

まだ骨や関節内の筋肉が十分に発展していない子供の時に酷使しますと、骨や筋肉に多大なストレスを与えます。すると酷使された筋肉が悲鳴をあげる、骨は「負担をかけたくない!」と言って骨が肘を曲げないように変形したり(骨棘)中には関節の骨が剥がれる肘関節症に発展していきます。

ちなみに少数派ですが投球フォームが悪いと例え投球数が少なくても肘に負担をかけますので、できるなら改善していきたいところです。

治療で完治するの?

野球肘には治療方法はあります。

それでは治療方法から見ていきましょう!

治療方法は早期・後期の発見によって異なります。

早期発見の場合、医師の診断の元、投球回数制限や投球中止の措置をとる保存療法を採用されます。同じく肘への負担をかけないようにサポーターの装着や痛みが続く場合には鎮痛剤を処方されます。

一方後期の場合はどうでしょうか?
野球肘の段階が進みますと先にも紹介したように、骨が変形したり関節内の骨が剥がれている可能性があります。放置しますと大人になるにつれて骨がそのまま形成されますので早めの対処が必要になります。そのため手術が必要です。

もし骨に剥がれが生じている場合には骨の移植、変形している骨の場合には変形している骨を削る、もしくは摘出します。手術は容易に済ませますが、子供に負担をかけてしまいます。

ですので、保護者や野球チームの監督の皆さんには予防方法を熟知していただきたいと思います。

野球肘の予防は手軽にできます!

最後に野球肘の予防方法を見ていきましょう。

予防方法は大きく分けて2つです。

1つ目は十分なストレッチです。
身体全体のストレッチ5~10分ではなく20~30分かけて行うようにしましょう。もちろん投球を行う選手は肩・肘にかけて十分なストレッチを行いましょう。

2つ目は腕への筋力トレーニングです。
筋力トレーニングを行う事で筋肉と骨を強化して未然に野球肘を防ぐようにしましょう。
ただし、いきなり激しい筋力トレーニングではなく選手ができる範囲の筋力トレーニングを行いましょう。

以上のように野球肘は確かに痛みが生じる厄介な症状ですが、早期の治療や予防方法さえ熟知していれば問題ありません。
そのため保護者や野球チームの監督は野球肘について、理解を深めていただけると幸いです。