一口に偏頭痛と言っても、原因によって様々な対処法があるのをご存知でしょうか?原因別に直し方を見て行きましょう。

原因1:食べ物

チョコレートも一つの原因

実は、チョコレートやチーズを食べると偏頭痛が引き起こされる場合があります。何故かというと、チョコレートやチーズにはチラミンという成分が含まれているからです。
その他には、すじこやタラコなどといった魚介類、そら豆、ビールやワインのお酒などもチラミンを多く含んでいます。現頭痛が酷い方は、これらの食べ物は避けるようにしましょう。
しかし、必ずしもこれらの食べ物だけが偏頭痛を引き起こすとは限りません。その他の食べ物にも頭痛の原因が無いか注意しましょう。

原因2:ストレス

仕事でストレス...

ストレスにより、セロトニンという神経伝達物質が以上に増加します。セロトニンの増加により、脳の血管が収縮します。そして収縮した後に今度は血管が過度に拡張します。この一連の動きにより、腫れ、また炎症が引き起こされます。偏頭痛の痛みを感じるのはこの時です。
この場合、頭を温める為の行為である入浴やシャワーは避けましょう。温めることによりさらに血管が拡張され、症状が酷くなってしまう場合があります。氷まくらやアイス枕、濡れタオルやジェルシートなどの道具で頭をできるだけ冷やすようにしましょう。
また、予防としては規則正しい生活を送るように普段から気をつけましょう。
不規則な生活はストレスを増加させます。その結果頭痛を引き起こしやすくなってしまいます。睡眠の取り過ぎにも注意しましょう。
ストレスが原因の場合も、上記に上げた食べ物のチョコレートやチーズ、その他チラミンを多く含む食品は避けるようにしましょう。

原因3:外出

外出によっても偏頭痛は引き起こされます。偏頭痛持ちの人は音や光に過剰に反応してしまうからです。まぶしすぎる光や騒音などは避けるように人混みなどには近づかない、サングラスをかけるように工夫をしましょう。

原因4:目の疲れ

目の疲れは偏頭痛を誘発します。特に合わない眼鏡は目の疲れを引き起こします。定期的に度数をしらべ、きちんと度数の合った眼鏡をかけるように気をつけましょう。また、パソコンやスマートフォンの長時間の利用は避けるようにしましょう。強い光は目の疲れを引き起こします。

原因5:気圧の変化

環境の影響も..

低気圧は偏頭痛持ちの多くの女性が痛みに悩まされます。
気圧の変化により、影響を受けた脳の血管が拡張しその結果炎症が起こります。この場合もできるだけ頭は冷やし、強い光や音を避けましょう。マグネシウムやビタミンB2を多く含む食品を取ることで改善される場合もあります。マグネシウムを多く含む食べ物はアーモンド、大豆、牛乳やレバーなので、積極的に摂取すると改善される場合があります。

このように、偏頭痛には様々な原因がありますが、症状別に原因を見極め、適切な対処をすることにより、痛みを和らげることができます。しかし、明らかに今までと違うようなどんどん痛みが酷くなるような頭痛、突然の激しい痛みは深刻な病気の場合があります。
くも膜下出血や脳炎、脳出血や脳梗塞の可能性があります。
いつもと違う頭痛を感じたら、すぐに脳神経外科を受診してください。