素敵な笑顔のための表情筋トレーニング表情筋って聞いたことありますか?名前の通り、表情を作るために動かす筋肉のことです。笑顔の素敵な人はそれだけで明るく、周りの人を気持ちよくさせます。

表情がしっかりしているとそれだけで魅力的に見えるのです。また最近、顔のたるみや毛穴が気になったり、老けてみられる、という悩みはありませんか?それらの改善にも繋がる表情筋トレーニングについて、説明していきます。

表情筋って?

実は顔には30以上の筋肉があると言われています。それが順番に働くことで、人間の複雑な表情を作ります。顔の筋肉は直接骨と皮膚に繋がっているため、細かい表情を作ることが出来るのです。普段の生活では、表情筋は半分も使っていないといわれています。表情筋の衰えは、今まであったハリのバランスが保てなくなり、しわ、たるみ、毛穴の目立ちが気になり出すことになります。

鍛えるとどんな成果が出るのか?

素敵な笑顔のための表情筋トレーニング

・表情が豊かになる

表情筋は使わないとどんどん固くなって動きにくくなってしまいます。固まった表情だとすぐに笑顔を作ることが出来ません。表情筋は腕や足などに付いてる筋肉とは違って、とても薄いため、数日ですぐに成果が出るわけではありません。毎日少しずつでも続けることに意味があります。

・しわ、たるみの改善

筋肉が衰えると、皮膚が垂れ下がってきます。それがしわやたるみに繋がるのです。表情筋を鍛えると皮膚が引き上げられてしわ、たるみが目立たなくなります。また、血流、リンパの流れもよくなり、新陳代謝のアップにも効果的です。

・小顔効果がある

表情筋を鍛えるとリフトアップすることが出来ます。むくみやたるみの解消に繋がり、小顔効果が期待出来ます。

すぐに出来る表情筋トレーニング

・「あいうえお」と口の形を意識して発生する

口の形を意識すると、顔の筋肉を大きく動かすことが出来ます。大袈裟にそれぞれの言葉を10秒ずつ発してみましょう。このトレーニングは頬のたるみ防止になります。

続いて、上を向いて、同じように10秒ずつ発生してみましょう。首と顎がピンと張るのが分かると思います。このトレーニングではフェイスラインのたるみ予防になります。

・ウィンクをする

左右両方の目でウィンクをしましょう。ゆっくりと意識して片目ずつ大きく見開きましょう。目の周りの筋肉を鍛えることが出来ます。10回ずつくらい行いましょう。

・やさしい「月目」を作る

眉毛を親指と人差し指でやさしくつまみ、親指と人差し指を左右に動かして揉んでいきます。30秒間を目安に行いましょう。

いかがでしょうか?どれも簡単で、すぐに実践出来るトレーニングばかりですね。笑顔を作る表情筋は鍛えていないとぎこちない笑顔になってしまいます。今からでも遅くありません。いつまでも笑顔の素敵な人でいられるよう、また、アンチエイジングでふけ顔の防止にもなるので、ぜひ実践してみてください。