有酸素運動と無酸素運動が筋トレには肝心筋トレとダイエットでは運動するということには違いはありませんが、考え方に違いがあります。筋トレを行う人は筋肉量の増加を望んでいますが、ダイエットを行っている方はむしろ筋肉量より体重減ということに重点を置いているのではないでしょうか。筋トレとダイエットで最も違う部分は有酸素運動と無酸素運動をどちらに重点を置くかということです。筋トレは無酸素運動、ダイエットは有酸素運動を行うと効果的といえます。それぞれどのような違いがあるのかご紹介していきましょう。

無酸素運動の代表的なものといえば

無酸素運動は長時間の酸素の燃焼を必要としていないところです。簡単に言うと、短時間でできる運動ということになります。具体的には、腹筋や腕立て、重量上げやダンベル上げ、懸垂などが無酸素運動の代表的なトレーニング方法です。瞬間的な動作や力が必要になるため、体脂肪を大幅に減少させるというよりは、基礎代謝量を上げるのに効果的な方法です。脂肪細胞を減らすダイエットなどにそこまで効果的なトレーニングではありませんが、筋肉の増大に役立つグリコーゲンの活性化には大変効果が期待できます。すなわち筋トレを行うことは、表面的な見た目の改善に大いに役立つということです。

有酸素運動の代表的なものといえば?

一方で有酸素運動の代表的なものといえば、長時間のトレーニングを必要とするものが挙げられます。
具体的には、ランニング、ウォーキング、水泳、体操、エアロバイク、ダンス、サイクリングなどです。だいたい20分ぐらいは続けるような運動を有酸素運動と分類しています。有酸素運動の効果的な作用は体脂肪を減らすということです。つまり、ダイエットを行う上では有酸素運動は欠かせません。
有酸素運動は血液中の脂肪だけでなく、皮下脂肪を減少させる働きがあるので体脂肪を落とし、体重を減らすことに優れたトレーニング方法です。

どちらか片方のトレーニングだけ行えばよい?

筋肉をつけたい人は無酸素運動だけを、逆にダイエットをしたい人は有酸素運動だけを行えばよいというわけではありません。例えば、ダイエットをしたい人が有酸素運動を毎日定期的に取り入れるということは間違いではありませんが、体脂肪を減らすには、基礎代謝量を増やすということもポイントです。つまり有酸素運動をメインに考えつつも、無酸素運動も定期的に取り入れるのが、最もダイエットに効果があるということです。例えば1日ウォーキングなどを取り入れている方は、家で5分でも良いので無酸素運動の腹筋や腕立て伏せ、スクワットなどを取り入れると、より一段とダイエット効果が出やすいでしょう。