パーキンソン病の初期症状は体が動きにくくなるパーキンソン病という病気について知っていますか?名前は聞いたことがあるという人も多いと思います。実際パーキンソン病にかかっている人が身近にいるという人もいることでしょう。ここではパーキンソン病について詳しく調べていきたいと思います。

パーキンソン病の症状

パーキンソン病の症状は主に4つに分けることができます。

手足がふるえる振戦と呼ばれるもの
動きが鈍くなる無動
筋肉が硬まる固縮
体のバランスが悪くなる姿勢反射障害

があります。また表情、動作などにおいて小さくなるというのも特徴です。典型的な特徴として挙げられるのが、歩くときに歩幅がとても狭くなることです。

このような運動症状以外に精神的な症状もあります。不眠症、うつ症状、また認知機能障害も起こります

パーキンソン病の原因

パーキンソン病に関しては、原因は特定されていません。しかしいまの段階で考えられている原因として有力なのが、生活環境、神経毒、活性酸素による酸化的ストレス、遺伝的素因、ミトコンドリア障害です。この中でも特に有力とされているのが、活性酸素による酸化的ストレスです。

パーキンソン病は遺伝でなるの?

ガン、糖尿、心臓病、脳梗塞などの重大な病気のいくつかは、遺伝によっておこるものであることが分かっています。では、パーキンソン病はどうなのでしょうか?結論から言うと、パーキンソン病も遺伝によってなる可能性のある病気です。現在わかっているだけでも、患者全体の10%前後は遺伝による発症である家族性パーキンソン病にかかっています。

しかし家族にパーキンソン病の人がいるからと、必ず発病するわけではないありません。遺伝子には優勢の遺伝子と劣勢の遺伝子があります。そのために両親ともにパーキンソン病だったとしても、その子供がパーキンソン病にかかる確率は25%だといわれています。発症する可能性は低いものの、ゼロではありません。

パーキンソン病の初期症状

パーキンソン病の代表的な初期症状は、手足の小刻みな震え、第一歩の踏み出しにくさ、歩幅が狭くなるなどの症状です。一般的にパーキンソン病として知られている症状が初期症状といってもいいでしょう。

さらに途中で止まることができなくなり、たびたび転んでしまうという症状も見受けられます。また動作がかなりスローになり、動作や声が小さくなる、顔の表情が小さくなるという特徴もあります。

パーキンソン病は早めの治療がとても大事です。初期症状を知って早めに治療に取り組むようにしましょう。