スロートレーニングとは?

ゆっくり行う筋トレのスロートレーニング

スロートレーニングとは、ゆっくりと行う、筋トレのことをいいます。スロトレとも略され、今、話題のトレーニング方法です。何故、ゆっくりと筋トレを行うのでしょうか?

スロートレーニングで得られる効果

少ない運動量で高い効果

ゆっくりと筋トレを行うことで、筋肉は常に軽い負荷がかかっている状態になります。これにより、しっかりとした通常の筋トレと同等の効果を得ることが出来るのです。

成長ホルモンの分泌を促し、ダイエット・美容に効果的

筋肉に負荷をかけることで、筋肉の運動により、体内では成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンにより、基礎代謝が向上し、太りにくい体を作ることが出来ます。また、成長ホルモンはアンチエイジングなど美容にも良い効果があるといわれています。

女性や高齢者にもおすすめ

スロートレーニングは低負荷で、高い効果が得られるトレーニング方法だといえます。ひとつひとつの動作はゆっくり行いますが、普通の筋トレと比べると、回数をこなす必要はなく、激しい運動が苦手な方も取り組みやすいトレーニング方法です。

また、ゆっくりと運動するので、けがの心配も低く、安全に行えます。このため、激しい運動が苦手な女性や、高齢者の方におすすめです。

スロートレーニングを行ううえでの注意点

効果的なスロートレーニングを行うためには、押さえておきたい、いくつかの注意点があります。

ゆっくりとした動作

筋肉の緊張を緩めず、ゆっくりとした動作で、筋肉に力を入れ続けることが大切です。

ノンロック

スロートレーニングで筋トレ

ノンロックとは、運動中、関節をロックしないことをいいます。つまり、関節を曲げきらない、伸ばしきらないことです。これにより、筋肉は常にどこかが働いていることになります。筋肉を休ませず、常に動かしていることが大切です。

正しい呼吸

筋トレの呼吸の基本は、力を入れる動作のときは息を吐き、力を抜く際は息を吸うことが基本です。動作中、呼吸も意識して行いましょう。

正しい姿勢

無理をして、回数をこなすのではなく、動作の正しい姿勢を意識しトレーニングに臨みましょう。

継続する

スロトレは継続して続けることが大切です。じっくり続けることにより美容やダイエットにも効果が現れます。

どのように行うの?

スロートレーニングは、1日10~15分程度の量を、1週間のうち2~3回行います。。トレーニングした後は筋肉を休ませてあげることで、より鍛えることが出来るのです。

スロートレーングで健康的な暮らしを

また、有酸素運動と組み合わせることで、ダイエットによい効果が現れます。筋トレにより、エネルギーが分解されやすくなり、その後ジョギングなど有酸素運動をすることで、脂肪の燃焼を促すことが出来るのです。

このようにスロートレーニングは、激しい運動が苦手な女性におすすめの筋トレです。安全で効率よい、ダイエット方法といえます。あなたも、スロートレーニングできれいな体作りを目指しませんか?