痛風は、同時に発症する生活習慣病がとても多いという特徴があります。

痛風の治療薬
ある調査によると、痛風患者さんで合併症をがひとつも無かったのは、痛風患者さんのなかで4%ほどしかいなかったというデータもあります。痛風は放っておくと、様々な危険な病気病気に繋がってしまうのです。

また、適切に治療をした後でも、その他の病気に大きな影響を及ぼす可能性があります。痛風と同時に発症する病気として有名なものは、尿路結石症、腎障害などが挙げられます。また、痛風や高尿酸血症は、高脂肪結晶や肥満、糖尿病なども併発します。

これら全ての病気に共通するものは栄養の過剰摂取です。栄養の過剰摂取状態が続くと、動脈硬化が進んでしまいます。動脈硬化とともに、心臓病である虚血性心疾患や高血圧症、脳血管障害を併発する可能性が非常に高くなってきます。

死亡原因である合併症は、時代とともに変わってきている

約20年前は、痛風患者さんが合併症で死亡する割合は、尿毒症と呼ばれる腎不全が最も多く、40%でした。しかし、最近では腎不全が2番目に多い死亡原因で、脳血管障害や虚血性心疾患が死亡原因の割合を占める場合が最も多いのです。このように、何故死亡原因が変わってきたかというと、理由は肥満や高血圧、糖尿病や高脂血症の増加が背景にあるからです。痛風の発作がありながら、高尿酸血症をそのまま放っておくと、重篤な病気を併発してしまう危険性がとても高まります。きちんと高尿酸血症の治療を続けた場合と続けなかった場合とでは、寿命が10年も違うと説明する方もいます。

腎不全や脳血管障害、虚血性心疾患を予防する為に

痛風は早めに治療しないと合併症の危険が

痛風の治療を受け、尿酸値をコントロールすると同時に、合併症の治療も同時に行いましょう。糖尿病や高脂血症や肥満、高血圧などの病気をそのままにしてはいけません。痛風発作があるにもかかわらず、適切な治療を受けないで放っておくと、慢性痛風期に突入し、悪化の一途を辿ります。体内に沢山溜まった尿酸が、関節にたまり、皮下に析出するようになります。そして、白いコブのような塊が透けて見える用になる痛風結石が出現します。特に、体温の低い場所に痛風結節はできます。足のくるぶしや足の指の関節、手の指の関節や耳などに確認することができます。

痛風結節は主に尿酸ナトリウムの結晶からできています。そして、痛風結節ができてしまった関節は尿酸ナトリウムによって破壊されます。尿酸ナトリウムは肝臓の髄質にも塊を作ります。そうすると、腎臓が破壊されて腎障害を発症します。すると、高尿酸血症が原因で尿の尿酸値が上がり、尿中の酸性濃度が高い場所で尿酸の結晶が出来上がります。この尿酸の結晶が大きくなると尿結石に成長し、尿の通り道が塞がれてしまいます。その結果、腎障害が起こってしまいます。

とにかく、尿酸値のコントロールを徹底しましょう

上記のような危険な事態に陥らない為にも、適切な治療をしっかりと受けることが何よりも大切なのです。痛風の発作を二度と発症しないため、また、併発する重篤な病気を避けるためにも、尿酸のコントロールがいかに大事かがわかります。発作が収まったからといってみくびらず、経過観察を含め、生活習慣をより健康的なものに改善しましょう。