なぜそんなに痛いのか?

痛風で足が痛い・・・痛風発作は足の親指の付け根や膝に、耐え難いほどの痛みが現れます。痛風発作が起きるのは尿酸値が高い時に起きるといわれています。尿酸値が高く、関節の1カ所が腫れて痛むのは痛風発作の可能性が高いです。

では、なぜ痛風発作はそんなに痛いのでしょうか?先ほど尿酸値が高い時に起こるといいましたが、この尿酸が関係しています。尿酸は血液中に溶け込んでいます。しかし尿酸の量が多くなると、血液中に溶けきれなくなり過剰なにゅさんが結晶となって関節にたまってきます。運動などをして結晶化した尿酸が関節液中に剥がれ落ちできます。

関節液中では、結晶化した尿酸を敵とみなしそれをやっつけるために白血球が集まってきます。白血球が攻撃を始めると炎症を起こす物質が出てきます。これが痛みの原因となっているのです。痛みが治まっても結晶化した尿酸が関節内にある限り痛風発作が再発する恐れがあるのです。

痛風発作は食事に注意

痛風と正しい食生活

痛風発作を予防するためには、生活習慣の改善が必要ですが特に食事に注意します。カロリー制限や野菜や海藻を多くとったり、プリン体を多く含む食事を控えたりしましょう。そして、水分を多めにとるようにします。これは体の中の尿酸を溶けやすくするためです。尿酸は尿から体外へ排出されるため、できるだけ尿が多い方が尿酸の排出される量が増えます。

ジュースなどの砂糖が沢山使われているような甘い飲み物はできるだけ避け、お水やお茶等を積極的に取ってください。また、ビールなどのアルコールにもプリン体は多く含まれてるので控えましょう。目標は1日2リットル以上の水分摂取を心がけるようにします。

痛風発作を予防する食べ物

痛風発作を予防するためには、カロリー制限、プリン体の多い食品を避けることですが、発作を予防するためには具体的にどのような食事を取ったらいいのでしょうか?痛い痛風の発作を抑えるためには、尿酸値を下げる必要があります。

そこで、尿酸値を下げる為には尿をアルカリ性にする食べ物をできるだけ食べるようにしましょう。尿酸は中性からアルカリ性の尿によく溶けます。また、尿が中性からアルカリ性に傾くことにより排泄が促されます。その結果、尿酸が体外に排出されやすくなり、尿酸値が下がります。

わかめや昆布、ひじきなどの海藻類、にんじんやごぼう、かぶなどの根菜、ほうれん草やキャベツなどの葉物野菜は積極的に摂取しましょう。また、じゃがいもやさつまいもなどのイモ類も効果があります。

果物だとグレープフルーツやバナナ、メロンがおすすめです。

また、干ししいたけなども尿をアルカリ性にする作用があり効果的ですが、干ししいたけのダシには尿酸の元になるプリン体が多く含まれているので注意が必要です。もし干ししいたけを食べる場合、干ししいたけを水に戻した後、水気をよく切って食べるようにすれば尿をアルカリ性にすることができ、プリン体の過剰摂取も避ける事が出来ます。

プリン体を避け、尿のアルカリ性にする食事を意識することは大変ですが、できるだけ毎日の食事で意識することを続けましょう。