痛風と糖尿病の違いは?

痛風は尿酸値が上昇する病気で、糖尿病は血糖値が上昇する病気です。

痛風と糖尿病は治療可能

このように、糖尿病と痛風の症状も全く違いますが、この2つの病気は同時にかかる可能性もあります。どちらの病気も過剰なカロリー摂取運動不足飲酒、肥満ストレスが原因となり、動脈硬化を引き起こします。もし糖尿病と痛風を併発してしまった場合は、動脈硬化の進行が加速しますので、身体にとってとても危険な状態になります。もし糖尿病か痛風のどちらかになってしまった場合、適切な治療をして片方の病気が発症しないように生活習慣を改めましょう。

糖尿病と痛風の診断はどのように行われるのでしょうか?

健康的な生活で痛風も糖尿病も防止

企業や自治体などが行っている定期検診により、痛風や糖尿病を検査することが可能です。また、自宅で簡単に検査ができるキットも発売されています。病気の早期発見の為に、これらを利用しましょう。人間ドッグを受けることにより、より確実に他の成人病等も発見することができます。40歳を越えたら数年に一度で良いので、できるだけ人間ドッグを受けに行ってみるのもおすすめです。

痛風、糖尿病と診断されたら

もし痛風や糖尿病と診断されたら、医師の指示に従い正しい治療を行いましょう。糖尿病や痛風で怖いのは、糖尿病や痛風そのものの病気ももちろん怖いですが、合併症が何よりも怖いのです。病気を発見したら、必ず放っておかずに治療を開始しましょう。薬で一時的に発作が収まっても、尿酸値が下がらないかぎり痛風の発作は再び現れます。

もし糖尿病と痛風を同時に発症してしまったら

上記した通り、糖尿病と痛風の原因はどちらも過剰なカロリー摂取や運動不足です。両方同時に発症する例はあまり多くありませんが、もし併発してしまった場合に一番優先するべきことは、生活習慣の改善です。

食事に気をつける

生活習慣の改善でとても重要なのが、食事です。いくら運動だけを頑張っても、過剰な運動は逆に尿酸値を高めてしまい、痛風を悪化させてしまう場合があります。糖尿病と痛風を併発している患者さんは、肥満の方がとても多いです。糖尿病の人は痩せると血糖値が下がり、痛風の人は尿酸値が下がります。どちらの病気にも確実に良い方向へと向かうので、ダイエットはかなり重要です。カロリーに気をつけて、バランスの良い食生活を目指しましょう。

プリン体が多い食事を避ける

プリン体を避ける

痛風の原因となる尿酸は、プリン体が原料になります。ですので、プリン体を多く含む食べ物を摂取しないことが重要です。肉や魚のレバー、魚卵などには十分注意してください。一見キノコはカロリーが少ないので減量のためにキノコを摂取してしまいがちですが、キノコは大量のプリン体を含むので、食べない方が無難でしょう。

その他、睡眠やストレスの工夫

その他には、水分を沢山とったり睡眠を十分にとる、ストレスのない生活を心がける、野菜をちゃんと食べるアルコールの過剰摂取を避ける、といったような健康的な生活習慣が必要になってきます。乱れた生活習慣を正すのは大変ですが、病気を放置するとさらに大変な病気にかかってしまいます。特に、動脈硬化が進むと心臓病や脳の病気になり、取り返しのつかないことになってしまいます。