一般的な潜伏期間は2〜5日間

溶連菌の潜伏期間しかし、免疫力や抵抗力が低下していたり、体調が悪かった場合は半日から1日ほどで発症するケースもあります。

一般的には冬に感染しやすいと知られていますが、夏にも感染する可能性があります。

溶連菌感染症は5歳から15歳の子供に感染しやすい病気です。なので、学校や幼稚園、保育園などで集団感染の危険性があるので、日頃のうがいや手洗いの予防がとても重要になってきます。

風邪と似た症状

溶連菌感染症の初期症状は風邪と似ています。激しい喉の痛みと38〜39度の高熱が現れます。普通の風邪と違うところは、風邪よりも喉の痛みが激しいことと、発熱が高いところにあります。また、これらの症状に付随する腹痛、だるさ、食欲不振などの症状もあります。

溶連菌感染症の特有の症状にイチゴ舌といったぶつぶつが舌にできることがあります。溶連菌染直後は舌は白い苔で覆われます。しかし、発症してから3日から4日後になると、このイチゴ舌が現れます。また、溶連菌感染症を発症し1日〜2日経過すると、発疹ができることがあります。発疹が出来る場所は主に腕やお腹、胸などです。1mmから2mm程度の大きさで、色は赤いです。発疹が収まり熱が下がり始めると発疹部分の皮膚の皮が剥けはじめます。皮が剥け始めるのは溶連菌の毒素によるものと言われています。しかし、3歳未満のお子さんにはこの皮が剥ける症状はあまり現れません。喉の痛みと発熱のみなど、風邪と似た症状だけのケースがあります。

医師の指示に従って抗生物質を服用

溶連菌感染症は医師の指示に従い抗生物質を服用することにより重症化を免れ、完治することができます。しかし、場合によっては髄膜炎や敗血症性、壊死性溶連菌感染症や劇症型溶血性連鎖球菌感染症なども引き起こす可能性があります。これらの病気は死に至る可能性のものもあります。抗生物質の服用を自己判断で途中でやめると急性糸球体腎炎やリウマチ熱などの病気も発症します。

10分で結果の出る簡易検査

病院を受診し、検査を受けることにより溶連菌に感染しているかどうかを調べることができます。

昔の検査では鼻水や喉の粘膜から細菌培養をすることが必要だったので、検査結果がわかるまでに数日を必要としていました。

現代の医療ではその日のうちに検査結果がわかる溶連菌抗原検出キットにより10分から15分ほどで菌の有無がわかります。

(溶連菌抗原検出キットによる検査は簡易的な検査方法であるため、溶連菌の数が少ない場合陰性の結果が出てしまう場合があります。この場合、検査結果だけではなく溶連菌感染症に特有の症状があるかもチェックします。溶連菌感染症を発症後、2週間目と4週間目に検査をして溶連菌が完治をしているか確かめます。この場合の検査は尿検査になります。)

薬をしっかり服用し、安静にして刺激の強い食べ物を避けましょう。味付けが薄く、のどごしの良い消化に良い食べ物は喉への負担を減らします。ゼリー状の食べ物も良いでしょう。水分をしっかりとって休みましょう。マスクで他の方への感染予防も忘れずに行いましょう。