溶連菌感染症は、大人でもかかります!

溶連菌は大人はかかる?一般的に溶連菌とはA郡β溶血性連鎖状球菌のことを言い、子供がかかりやすい病気として知られています。しかし、抵抗力が低下していれば大人でも感染する可能性が十分にある感染症です。

溶連菌はのどに潜伏し、その潜伏期間は2〜5日と言われています。咳やくしゃみなどの飛沫感染で感染し、感染力が強いため、いったん子供がかかってしまうと家族全員が感染することも多いようです。家族全員が感染していた場合、個人差により症状はそれぞれ違う場合があるので注意が必要です。

また、溶連菌に汚染された食品によって感染することもあります。抗生物質が発達していなかった一昔前では、溶連菌感染は猩紅熱と呼ばれて恐れられ、隔離対策が施されるほど危険な病気でした。現在では医療が発達し抗生物質での治療が可能になっていますが、一次症を完治しないと危険な合併症を伴う二次症を引き起こす可能性があることからわかるように、危険な病気であることに変わりありません。

主な症状

溶連菌に感染すると、喉の傷みや発熱などの症状が出ます。3歳未満では熱があまり上がらない傾向がありますが、3歳以上の場合38度から39度まで上がる高熱になります。風邪の初期症状と間違われるほど、最初は区別がつきません。また、手や足に小さく赤い発疹が出来たり、イチゴ舌と呼ばれる舌にいちごのようなつぶつぶとしたできものができる場合があります。

他には頭痛や腹痛、リンパ節が腫れたりします。風邪との違いは咳や鼻水がほとんど出ない所です。溶連菌感染症は、抗生物質をきちんと10日間飲み続け、しっかりと治さないかぎり再発を繰り返します。また、放っておくと腎炎も引き起こす可能性もあります。できるだけ早めの完治を目指す為にも「いつもの風邪ではない」「おかしい」と思ったら、少しでも早く専門医の診察を受けることが大切です。

溶連菌感染症と診断されたら?

溶連菌に感染してしまった場合、辛い食べ物や熱い食べ物、すっぱい食べ物は喉に刺激を与えます。できるだけ避けるように気をつけましょう。その代わり、おかゆやゼリー、ポタージュスープなど消化の良い食べ物を積極的に摂取してください。また、水分もたっぷり取りましょう。水分の場合も炭酸水などののどに刺激を与える飲み物は控えるようにしてください。

病院を受診し、処方された抗生物質を服用すれば症状は1〜2日で回復します。しかし、細菌が体内から消えて完治するには1週間ほどかかります。また、溶連菌の潜伏期間は2〜5日と言われていますので、家族に感染者が出た場合、約20日間は体調の変化に気をつける必要があるでしょう。

また、溶連菌感染症は急性糸球体腎炎という治すことが困難な病気になる原因となります。急性糸球体腎炎は溶連菌感染後1週間から3週間程度で発症するケースが多いです。溶連菌に感染してしまった場合、約一ヶ月後に尿検査を受けると安心です。

この冬は溶連菌感染症が大流行の兆しだとか。溶連菌感染は通常のインフルエンザと同じく手洗いやうがいで予防することができるので、感染しないように気をつけて過ごしましょう。