何度も繰り返し感染する溶連菌

溶連菌は感染症はA群β溶血性レンサ球菌が原因となる細菌の病気です。溶連菌に感染すると、喉頭粘膜、扁桃腺、鼻粘膜などののどに感染します。その結果、呼吸器や全身に症状が現れます。薬を飲み、治ったと思っても繰り返し発症する溶連菌感染症。何故溶連菌感染症はすぐに治らないのでしょうか?

風邪よりも症状が重い

溶連菌感染症の症状は、風邪と似ていますが風邪よりも症状が重く、インフルエンザと間違える患者さんもいます。一般的には子供がかかりやすい病気として有名ですが、大人でも十分感染する危険性があります。溶連菌感染症とは、溶血性連鎖球菌感染症の略です。抗生物質が普及する前は猩紅熱と言われ、伝染病として扱われていました。

抗生物質の投薬で完全治癒する必要

抗生物質で治すことのできる現代では昔のように騒がれることのなくなった溶連菌感染症ですが、きちんと抗生物質で完治しなければ、腎炎などの危険な合併症を誘発する場合があります。

溶連菌感染症がかかりやすいのは主に2歳から10歳のお子さんです。最もかかりやすいのは5歳から10歳の間です。上記の通り、少ないですが成人にも感染します。

症状が現れなくなっても溶連菌が体内に残っているので、処方された抗生物質を飲み切らない限り何度もぶり返します。自己判断で勝手に抗生物質を飲むのを止めてしまわないよう注意しましょう。

高い感染率:50%

もし家庭内に溶連菌の感染者が1人でもいれば、兄弟姉妹間で50%、両親で20%の人が感染します。しかも、溶連菌に感染しても何らかの症状を発症するのは感染者の約50%から80%なので、気付かずに感染を拡大している人が沢山いるのが事実です。

特に無症状感染者は成人に多いので、少しでも疑いがあったり家族に感染者がいる、いた場合の方は受診し検査を受けましょう。

大人が溶連菌感染症にかかった場合、今まですでに溶連菌にかかったことがあるために免疫がある場合が多いです。そのため、大人の場合は症状が出る場合が少ないです。それとは反対に、子供の場合は喉の痛みにはじまり発熱、イチゴ舌や発疹など様々な症状が見られます

感染経路は飛沫感染

溶連菌が広まる最大の原因は、感染者の咳やくしゃみが飛び散り、それを周りの人が吸い込む飛沫感染です。感染した場合の溶連菌の潜伏期間は2日から5日です。

感染時期は冬期

インフルエンザと同じように12月から3月の間の冬の間に特に感染者が増加します。溶連菌の感染が少しでも疑われる場合は感染者を増やさないよう十分注意し、病院での受診をおすすめします。また、感染者が近くにいる場合うがいや手洗いをしっかりと行いましょう。