溶連菌の症状

溶連菌の基礎知識喉の痛みが初期症状

溶連菌の正式名称はA群β溶血性レンサ球菌。症状の多くは喉頭炎と呼ばれるのどの痛みです。

進行すると中耳炎や皮膚化膿症を引き起こす可能性があります。

発疹やイチゴ舌が典型的な症状

発症年齢は2歳から10歳の子供に多く、飛沫感染や接触感染により感染します。溶連菌の潜伏期間は2日〜5日で喉頭炎を発症します。喉の痛みの他に、咳や鼻水、高熱、イチゴ舌、赤い小さな発疹、腹痛や吐き気などの症状があります。

大人でも感染することが珍しくないので注意が必要です。

病院で簡易検査が可能

検査はA群溶血性連鎖球菌迅速診断キットにより行われます。稀に喉頭培養検査も行われることがあります。

抗生物質ので2〜3日で治癒

溶連菌感染症の症状自体は抗生物質により2日から3日ほどで治まります。しかし、リウマチ熱や急性腎炎などの合併症を併発する可能性があることから、予防の為に10日間ほど抗生物質を飲む必要があります。抗生物質により再発を防ぎ、除菌することが可能です。

症状によっては溶連菌感染症と診断された後3日〜5日ほど経過したあたりで経過観察のために再診の必要があります。また、症状が治まり、抗生物質を10日間飲みきった後の約2週間後に尿検査をする必要があります。尿検査により血尿や蛋白尿の有無を確認します。

身近な人が感染した場合は抗生物質の予防投薬が効果的

溶連菌感染症と診断された場合、未成年の家族の方(兄弟や姉妹)はできるだけ抗生物質の予防投薬をした方が効果的です。この服用は予防の為なので、抗生物質服用後は再診や尿検査をする必要はありません。溶連菌感染症を実際に発症したお子さんだけ尿検査の必要があります。

成人の家族の方は、未成年の感染者に比べて感染する可能性が低いのですが、感染する可能性が100%無いわけではありません。近日中に大事な用事があるなどといった絶対に感染したくない場合は希望すれば予防薬として抗生物質を処方してもらえる病院もあります。熱が下がり、発疹が治まり抗生物質を2日以上飲んだ後ならば登園、登校が可能です。

溶連菌には複数種類があり、複数回感染する可能性

A群β溶血性レンサ球菌にも様々なタイプが有り、日本には4、5種類存在します。従って一回かかったから大丈夫というわけではなく、何度か感染する可能性があります。

因みに発展途上国では15種類から20種類のA群β溶血性レンサ球菌が存在すると言われています。

抗生物質を最後まで飲みきって、体内から除菌する必要

溶連菌感染症は、病院で処方される一般的な抗生物質を飲めば、2日から3日でだいぶ楽になります。しかし、熱が下がり、喉の痛みが取れただけでは溶連菌感染症は完治したことになりません。溶連菌は症状が改善しただけでは治ったことになりません。

合併症の危険も

しっかり体内の溶連菌を除菌しなければ、再びぶり返し、周囲へ感染を拡大し、さらには合併症の危険性もあります。合併症を併発する場合、リウマチ熱は溶連菌感染症発症後、数週間たってから発病します。リウマチ熱にかかってしまった場合、1ヶ月〜2ヶ月の入院が必要になります。さらに、心臓弁膜症という後遺症まで残ってしまいます。心臓弁膜症は進行すると手術が必要になります。急性腎炎も溶連菌感染症発症後数週間後たってから発病します。急性腎炎になった場合は腎不全に陥り、1ヶ月もの入院が必要です。

このように、後々合併症で後悔しないためにも、抗生物質は飲み切ることを徹底しましょう。