涙袋を強調するメイクのポイント現在、女性の支持を多く掴んでいるメイク方法があります。それが涙袋メイクです。

有名人ですと「きゃりーぱみゅぱみゅ」「板野友美」等が涙袋メイクを行っており、なんとその有名人風に仕上げる涙袋テクニックまで紹介されています。女性の皆さんの中にも涙袋を作り、綺麗になったり異性の心を掴みたい!と思う人はいますよね?

そこで今回、涙袋を作るためのメイク方法と簡単にできる便利グッズを紹介していきます。

綺麗な涙袋はメイク方法にかかっています!

それでは涙袋のメイク方法から見ていきましょう。
このメイクを疎かにしますと「綺麗な涙袋にならない…」と言う残念な事になりますので真剣に取り組みましょう!

初めに涙袋を強調するための下準備を行います。

そのためには明暗をはっきりさせ立体感を出していかなければなりません。

最初に行うのは白いカラーのアイシャドウです。下まぶたにいつもより「太いかな?」と思う程に塗っていきましょう。ただアイシャドウを塗れば良いのではなく、必ず涙袋のふくらみを意識して塗っていきましょう

下地ができたところで次に陰を入れていきます。

ブラウン系、ない場合はブラックよりも少々明るめのアイブロウペンシルを利用して涙袋のラインを強調します。しかし、涙袋のラインをそのままにしますと「この人メイクのやり過ぎだな…」と思われますので、必ず麺棒やコットンティッシュ等でぼかすようにしましょう。

簡単ですが以上のようにメイクを行えばどなたでも簡単に涙袋を作ることができます。

もっと手軽に涙袋を作りたい!おすすめの商品はあるの?

涙袋メイクが話題になっているのだから、業界はそのブームを見逃すはずはありません!現在、多くのメーカーから涙袋を簡単に作れる商品を出しています。

大量にありますので、ここでは3つほど紹介していきます

1つ目は涙袋用のライナーです。

このライナーは非常に便利で、涙袋にライナーを直接塗って終了です。特にあれこれ考えて利用する必要はありません。商品の中にはペンシルタイプ、そしてハイライトのチップが含まれている商品もありますので自身に合った商品を探してみましょう。

2つ目は涙袋に貼るテープです。

これもまた手軽で、シールを剥がして自身の涙袋に軽く押し込んで終了です。
すると簡単に涙袋を仕上げる事ができます。ただし、直接塗るライナーと違い涙や汗で剥がれやすい欠点があります。そのため使用する環境を考えて使用しましょう。

最後は涙袋専用の美容液です。

使用する回数はメーカーごとに分かれますが、通常は夜に塗るタイプが多いです。
この利点はメイクやテープのように誤魔化して行うのではなく、身体に直接塗りますので身体の内側から涙袋を作ろうとします。効果は人によって様々ですが、効果が出ればいちいちメイクやシールを行わなくても済みます。

最後に

涙袋メイクのブームは留まる事を知らず、美容関連のクリニックでは涙袋に直接ヒアルロン酸を入れることも行っています。もし涙袋に興味を持った人がいましたら、商品を試すだけでなく美容関連のクリニックを訪れても良いでしょう。