気管支炎は薬で治療するのが効果的

実際に気管支炎を発症してしまった場合、薬での治療が可能です。気管支炎の原因によって2通りの治療薬が処方される可能性があります。

① 気管支の炎症を抑制する「抗炎症作薬」

抗アレルギー薬やステロイド系の薬があります。

メディエーター遊離抑制薬、抗ヒスタミン薬、などを処方してもらいましょう。アレルギーを治療する薬です。

② 気管支を広げる「気管支拡張薬」

具体例としては気管支拡張の作用があるテオフィリン薬や抗コリン薬があります。

(商品名として「テオドール」「ユニフイル」「テオロング」など)

気管支炎の場合は大体が呼吸が苦しく、喉がイガイガしているという方が多いので、このような成分を配合した薬を服用するのが効果的です。

医師の処方をもらうのが原則

自己判断で薬を選択してしまうと成分同士が過剰摂取になりかねませんので、きちんとした処方してくれる医師に相談したほうが無難です。

一度体内に入ってしまった細菌やウイルス、アレルギー物質は薬の作用がないと、なかなか鎮めるのは難しいのが現状です。
そのままにしておくと咳喘息や喘息、肺炎などの症状を招きかねません。早めの対応を心がけましょう。

食事での治療法も

気管支炎になってしまった場合は、食事や薬を使って改善の道を探っていくのが適切です。
慢性化してしまう恐れもあるので、日々改善に向けて取り組む必要があるでしょう。具体的にどのような対策を行っていけばよいのかを紹介していきましょう。

気管支炎の改善に最適な食事とは

気管支炎を発症しているときは肺につながる気管支にウィルスや細菌が付着して、炎症を抑えることが主な要因です。
細菌を殺菌する効果のあるものといえばパイナップルです。

パイナップルには多くの糖分とリンゴ酸、そして酒石酸が含有されています。
さらにタンパク質を分解する酵素のブロメニンと呼ばれる成分も配合されているのがパイナップルの特徴です。
よく酢豚などに混ざって調理されているケースもあるぐらいで、肉の消化を助ける効果が期待できます。
そしてビタミンCを多く配合していて、抗ヒスタミン作用が期待できます。これによって気管支の炎症を抑え、喉の痛みやタンの絡みを抑制してくれる効果が期待できます。

もう一つ食事の中で取り入れたいものは緑茶

緑茶に含まれているカテキンが抗酸化作用があるということが確認されています。喉の痛みを抑制し、気管支へ良い影響を与えてくれます。