気管支炎の種類と症状

気管支炎と一言で言っても複数の種類があります。
中でも有名なのが急性気管支炎、慢性気管支炎、喘息性気管支炎です。
それぞれどのような特徴があるのか見ていきましょう。

急性気管支炎はウイルス感染の場合が多い

女性の体調

急性気管支炎は気管支部分にウイルス感染が発症してしまい、炎症起こす症状を指します。

ウイルスの感染経路は空気感染や人からの飛沫感染等のケースがあります。気管支炎を発症してしまうウィルスは風邪の症状のウイルスと同様のものと言われています。

咳や痰、くしゃみによって飛沫してしまうケースがあり、周りの環境によって症状が発症してしまう呼吸器系の疾患の一つです。

抗ウイルス剤・抗炎症剤で治療可能

通常は1週間から2週間程度で症状が治まりますが、あまりにも症状が重いと肺炎など併発してしまうケースもあるので注意が必要です。

症状が起こると、発熱や咳、頭痛、食欲不振、節々の痛み、倦怠感などを発症します。特異性のあるウイルスというわけではありませんので、抗ウイルス剤や抗炎症作用のある内服薬での治療が可能です。
また、水分を多めに摂ったり、栄養剤を補給することで改善までの期間が短くなります。

慢性気管支炎は気管支の炎症が原因

慢性的な息苦しさ

慢性気管支炎の場合は、気管支の炎症とともに肺気腫を患っているケースが多く、肺の呼吸を行うときの弾力性がなく、呼吸が苦しくなり気管支に影響を与えているということが考えられます。

喫煙者に多い

慢性気管支炎は喫煙者にも多く見られ、タバコを吸うことによって肺胞に悪影響を与え、器官が苦しくなるという症状が生まれます。
また、鼻が詰まりやすい蓄膿症や副鼻腔炎を発症しやすい人も、この慢性気管支炎になりやすくなっています。

息苦しくなる喘息性気管支炎

喘息性気管支炎とは風邪などの病原体のウイルスや細菌、そしてクラミジアなどの病原菌が気管支に吸着し、気管支に炎症を起こすということが考えられます。

息を吸ったり、吐いたりすること自体苦しく、「ヒーヒー、ゼーゼー」と音が出て呼吸するケースが多くなっています。
特に咳をすると胸の部分が痛くなるような症状で喉の気管支だけでなく、肺全体の治療が必要となる場合があります。

症状が深刻な場合は医師の診断を受けよう

通常の気管支喘息とは違い、タンがからみやすく嘔吐してしまうこともあるぐらい呼吸が苦しくなることがあります。喘息性気管支炎の場合は胸部のレントゲン写真も撮影してもらうなど体全体のメンテナンスをしてもらう必要があるため、一度医師の診断を受けた方が良いでしょう。

特に小さいお子さんや高齢の方は免疫力が弱く、肺炎など併発してしまう可能性もありますので早めの対処を行った方が良いでしょう。