筋肉痛と筋トレ

筋トレを行った時に厄介なのが、翌日以降に表れる「筋肉痛」です。重度の筋肉痛であれば、腕が上がらないなど日常生活に支障をきたすほど痛い場合もあります。そこまで重度ではなくても、正しい方法で筋トレを頑張った翌日には、ほとんどの人に筋肉痛は表れます。

どうして筋肉痛になるの?

そもそも筋肉痛とは、筋トレによって筋肉が細胞単位で傷付いたことで炎症が起こっている状態のことを指します。

では、筋肉を傷付けないように筋トレを行えばいいのかというと、決してそうではありません。なぜかというと、筋肉は筋トレによって傷付いた後に回復する時に以前よりも強化され、より増強されるという仕組みになっているからです。

筋力強化の仕組み

  1. 筋トレで筋肉が傷付く
  2. 傷付いた事によって炎症が起こる→筋肉痛が表れる
  3. 炎症が回復する時に、以前よりも強い筋肉が作られる
    というサイクルになっています。つまり、本当に筋肉を強くしたいのなら、筋トレに筋肉痛は付き物なのです。

筋肉痛の時に筋トレをしてもいいの?

そうなると次に思うのが、「筋肉痛の時に筋トレをしてもいいのか?」ということですよね。

これには諸説あり、専門家の見解も分かれているのが現状のようです。しかし、上の仕組み3で示した回復期間には2~3日必要だと言われています。その間にまた筋トレをしてしまうと、せっかく増強しかけた筋肉がまた傷付いて振出しに戻ってしまうのです。

筋トレをした翌日に筋肉痛が表れなかった場合は連続して筋トレを行い、もしも翌日に筋肉痛が表れた場合は数日間トレーニングを休養し、筋肉痛が消えてから再開、といったリズムが最も効率的です。

翌日の筋肉痛は若い証拠、は迷信

また、「翌日にすぐ筋肉痛が表れるのは若い証拠」や、「歳を取ってからは筋肉痛が2~3日遅れて現れる」などといった話を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

こういった話から、「筋肉が若いうちは筋肉痛がすぐ表れるが、老化によって衰えると筋肉痛が数日経ってからじゃないと表れない」と信じ込んでいる人も多いようですが、これは全くの迷信です。

何歳になっても、全力で筋肉に負荷を与えれば翌日には必ず筋肉痛になります。若いうちは何事も全力で行いますが、大人になるにつれて、走る時も余力を残して走るように無意識にセーブしてしまうので、結果筋肉への負荷が少なくなり、筋肉痛が遅れて現れるようになるのです。

筋トレの後には十分なクールダウンを

筋トレをした後には、しっかりと筋肉のクールダウンを行ってください。そうすることで、筋肉の炎症を和らげて筋肉鵜を軽減させることが出来ます。
正しい筋トレ方法で、筋肉痛と上手に付き合っていきましょう!