喉の痛みとのど飴
みなさんはのどが痛くなったらどうしますか?「まずはのど飴をなめる」という人が多いのではないのでしょうか。喉の痛みには、確かにのど飴が効きますが、のど飴にもたくさん種類があります。そこで、喉に効くのど飴の種類や、効果的なのど飴のなめ方をご紹介します。突然喉が痛くなったときの参考にしてみてくださいね。

のど飴には種類がある

お店で売られているのど飴、どれも同じと思ってはいませんか?実はのど飴は大きく分けて3つの種類に分かれます。それは、医薬品・医薬部外品・食品です

医薬品はどこでも売っているわけではないので、簡単に買うことはできません。

医薬部外品は薬局やドラックストアで多く売られているものです。手ごろなお値段で購入できるのが魅力です。

食品は、お菓子の部類に入るかもしれません。一般的に、スーパーやコンビニで販売されているのど飴です。のど飴と商品名に記載されているものや、のど飴とは書かれずに飴として販売されているものがあります。

症状によって使い分けよう

のど飴

喉の痛みの感じ方には個人差がありますが、その症状によってのど飴を選びましょう。喉が腫れるくらい痛い・声が出しにくいなど、症状がかなり悪化しているときには迷わず医薬品を選ぶのがいいでしょう。医薬品ののど飴は病院で処方してもらうこともできますので、あまりにものどが痛いという人には病院で診察を受けることをおすすめします。

病院に行くほどではないけれどのどが痛い、という場合には医薬部外品を。近くのお店で簡単に購入できるので、多少風邪気味でも気軽に手に入れることができます。そして効果も普通の飴よりも断然高いので、おすすめです。のどが痛くなり始めたときにも、悪化を防ぐ予防として医薬部外品ののど飴をなめるのもいいですね。

風邪ではないが、のどが乾燥している。マスクをしているが、人ごみで風邪をうつされないか心配。という人は、食品として販売されているのど飴で十分です。味も好みのものを選べるので楽しいですね。お菓子ではなくのど飴として売られているものなら、カロリーオフで甘すぎずスッキリとした味わいのものが多いです。のど飴をなめるとのどが潤うので、風邪予防にもなります。シュガーレスのものなら虫歯の心配もありません。

のど飴をなめる前にはうがいを忘れずに

のど飴は、のどの粘膜に直接働きかけます。どの種類ののど飴も同じで、のどや口内が汚れていると、のど飴と汚れやばい菌が一緒になってしまいます。ですので、のど飴をなめる前には一度うがいをしましょう

うがいをしてきれいな状態でのど飴をなめる方が、そのままなめるよりもより効果的です。

また、医薬品や医薬部外品ののど飴には一日の摂取量が決められているものがあります。一定量を超える摂取は控えて、なめすぎないように気をつけましょう。余計にのどを炎症させてしまうこともあります。そしてもちろんですが、のど飴を触る手も、清潔にしてから開封するようにしてくださいね。