ウエストサイズのダイエット

ダイエットを成功させるには何が有効かを考えた時に主に二つの方法が思い浮かびます。ズバリ、運動して痩せる方法と食事制限で痩せる方法です。現実問題としてもどちらもとても直接的な方法で、ダイエットを行う場合にも欠かせない要素といえそうです。

一つ気を付けないといけないのは、運動は有酸素運動を行う事です。有酸素運動とは最低でも20分以上の時間、身体を動かし続けて脂肪を燃焼させる運動の事です。代表的な有酸素運動にはマラソンや水泳などがあげられます。ウォーキングでも長い時間続ければ効果はあります。

そして腕立て伏せや腹筋、ダンベル上げなどのウェイトトレーニングは筋肉を発達させてしまう運動のために結果的に体重が増えてしまうので注意が必要です。さらにこのウェイトトレーニングには体に蓄積した脂肪を燃焼させる効果は無いためにダイエットには向かない運動です。ダイエットのために運動とは身体に蓄積した脂肪を有酸素運動を行う事で燃焼させる方法であるという事を覚えておきましょう。

身体の脂肪を効率的に燃焼させるには身体の基礎代謝を上げるのが有効です。人間は普段の生活の活動でも常にエネルギーを消費しています。基礎代謝とはこのエネルギー消費の効率の事です。身体の基礎代謝を上げる事で脂肪が燃焼しやすくなり、体重の落ちやすい体質になるのです。

カプサイシンのダイエット効果

基礎代謝は食生活の改善で上げる事が出来ます。食事から摂取する栄養素の中には基礎代謝を上げる効果のあるものがあります。それがいわゆるダイエットに適した食事といえるでしょう。基礎代謝を高める食事内容を心がけて、合わせて有産運動を行うようにすれば効率よく体重を落としてダイエット成功させることができるでしょう。

基礎代謝を高めるのは身体を温めるのが有効とされています。つまり身体を温める食品がダイエットに適した食材といえます。身体を温める代表的な栄養素にカプサイシンがあります。このカプサイシンを多く含んだ食品の代表は唐辛子です。また、生姜も体を温めて基礎代謝を高める食品として有名です。

さらにビタミンEを多く含む食品も基礎代謝を高めるといわれています。ビタミンEを豊富に含む食品には、カボチャ、アーモンド、ゴマ、さつまいも、等があります。またダイエットは運動を頻繁に行なって筋肉を酷使するので、それを補うためにタンパク質をしっかり摂る事も重要です。

以上のように、有酸素運動と基礎代謝を高める食事、さらに運動で疲れた身体をしっかりケアするために充分なたんぱく質をとるという、バランスの良い運動と食事を組み合わせる事で健康的なダイエットが実現するのです。