強い痛みを伴う帯状疱疹。名前は聞いたことがあるけれど、一体どんな病気なのかわからないという方も多いはず。以前は50歳以上の高齢者に多いとされていた帯状疱疹も、最近では20代~30代の若者にも増加していると言われています。その予防と治療のポイントを知っておきましょう。

1.帯状疱疹って何?

帯状疱疹について知らない人でも、水ぼうそうについては知っているのではないでしょうか。帯状疱疹は水ぼうそうと同じウイルスが原因となって起こる病気です。多くの人が子供のころにかかる水ぼうそうですが、一度治ったと思っていても、実は原因ウイルスが完全に消滅することはなく、身体の神経に何十年も隠れています。それが大人になってから免疫力が低下した時に復活し、皮膚に痛みの伴う帯状の水ぶくれを作り出すのが帯状疱疹です

2.帯状疱疹はどうやって治すの?

皮膚にチクチクとした痛みを感じるところから始まり、次第にその場所が赤い発疹へと変わり、最終的に強い痛みを伴いながら帯状の水ぶくれとなる帯状疱疹。症状が出てから完治までには3週間から1か月かかるとされています。治療にはウイルスの増殖を抑制する抗ウイルス薬と痛みを和らげる消炎鎮痛剤を使います。また、痛みは冷やすことで強まる為、できる限り温めることで症状を和らげます。

3.帯状疱疹は予防できるの?

帯状疱疹はストレスなどで免疫が低下した時が危険!

帯状疱疹は免疫力や抵抗力の低下がきっかけとなって起こる病気です。免疫力や身体の抵抗力は、疲れやストレスによって低下することがわかっています。普段から栄養バランスの取れた食事や規則正しい生活、十分な睡眠をとることが予防策といえるでしょう。

4.帯状疱疹かな?と思ったら…

帯状疱疹は他人への感染力があまりない病気です。しかし、水ぶくれの中にはウイルスが存在しているため、万が一つぶれた場合は感染の可能性もあります。乳幼児や妊婦には接触しないようにしましょう。帯状疱疹の診療科は皮膚科になります。水ぶくれが現れる前の段階では診断が難しいとされていますが、早期診断は早期治療、症状の軽減、後遺症の予防につながります。皮膚に痛みを感じ、異常を感じた場合は早めの診察を心がけましょう。

いかがでしたか?帯状疱疹についてご理解いただけましたか?日頃から心身ともに健康的な生活を心がけ、少しでも帯状疱疹が疑われる症状を感じた場合は、1日でも早く専門家の診察を受けましょう。

帯状疱疹の関連記事一覧