腰痛と病気腰痛で悩まされている人はたくさんいます。ずっと続く痛みなので、どうしようもないとあきらめていませんか?あるいは、ただの腰痛と甘く見ていませんか?実はあなたのその腰痛、病気のサインかもしれないのです。早速調べてみましょう。

腰痛と胃の病気

胃が正常に働いていない場合は、胃ではなく腰痛としてあらわれることがあります。腰痛のように感じるかもしれないこの痛みは、実は胃からのサインなのです。

そんな胃のトラブルとして挙げられるのが胃潰瘍、胃の不調、胃がんなど幅広いトラブルです。特に胃潰瘍であるケースが多いようです。胃潰瘍の症状には、腰痛、腹痛、みぞおちの傷みなどを合わせて発症します。さらに特徴が食後の痛みがあることです。

腰痛と十二指腸の病気

十二指腸の病気といえば、十二指腸潰瘍です。そんな十二指腸は十二指腸ポリープ・十二指腸がんなど腰から背中にかけて痛みを引き起こす病気があります。多いのがやはり、十二指腸潰瘍です。腹痛・みぞおちの傷み、胸やけ、食欲不振、膨満感などもともにおきます、特に空腹のときに起きる痛みが特徴的です。食事を摂取すると痛みはなくなります。

腰痛と胆のうの病気

胆のうはあまり知られていない臓器の一つです。胆のうとは肝臓と十二指腸の間にある小さな臓器で、胆汁を作っている消化に欠かせない器官です。胆のうと腰痛が関係ある病気には、胆石症、胆のう炎があります。胆石については知っている人も多いかと思います。胆汁が固まってしまい、石のようになってしまうのです。さらに胆のう炎は胆石がもとで、発熱や腹痛が生じます。

腰痛と膵臓の病気

膵臓は消化に欠かせない消化酵素である膵液を作るところです。インシュリンの分泌に深く関係していることから、糖尿病ともかかわりが深い臓器です。腰痛とともに起こる病気は。膵臓がん、急性膵壊死、急性膵炎、慢性膵炎など命に係わる病気があります。

腰痛と腎臓の病気

腎臓はその位置から腎臓に悪いところがあると腰痛となって表れやすい臓器でもあります。 腎臓がん、腎盂腎炎など、気が付いた時にはすでにかなり進行してしまっているという重大な病気である可能性も高いです。

腰痛は実は病気をあなたに知らせてくれているサインかもしれないのです。あまりにも長く続く、痛みが激しい。痛みがいつもの腰痛とは違うなどの変化がみられるのであれば、すぐに病院に行くようにしましょう。腰痛がくれるサインに敏感であるようにしましょう。