雨「天気が悪いと、頭がいたい…」このような声を聞いたことはありませんか?
 頭痛とは無縁の方々は、「天気なんかで頭痛は起こらないでしょう」と考える方もいらっしゃると思います。しかし、実はこの低気圧が原因で頭痛が起こるのは、科学的に実証されているのです。

人間身体は、気圧の変化の影響を受けるようにできています。この気圧の変化は、自律神経に影響を及ぼします。
では、自律神経が影響を受けることによって、なぜ頭痛が引き起こされるのでしょうか?
まず、自律神経の説明をしていきましょう。

自律神経とは

お酒

まず、自律神経とは交感神経と副交感神経の2つの神経から成り立ちます。自分ではコントロールできない神経です。
交感神経は主に興奮している状態のときに優位になります。
このとき身体は緊張状態にあり、汗や心拍数が早くなります。
運動中など、緊張を必要とする場面で働きます。
次に、副交感神経ですが、基本的に副交感神経は交感神経とは逆で、リラックスした状態や眠っている状態、食事をしているときに優位になります。

ここで、気圧の変化と頭痛の話に戻ります。
今説明したような自律神経は、気圧の変化の影響を受けます。雨が降ったり曇りの天気だったり、低気圧がくると人間の身体は副交感神経が優位になります。
そこで、普段は交

感神経が優位の状態では気付かなかったような身体の痛みや頭痛に気付くのです。何故なら、副交感神経が優位の場合、身体は痛みを感じやすくなるからです。そして、このとき感じる頭痛は肩こりが原因の場合が多いのです。

自律神経が良好であれば、交感神経と副交感神経が交互に作用し、低気圧のときでなくても身体の痛みをキャッチすることができます。しかし、この自律神経が上手く機能していないため、普段から交感神経が優位になり、上手く身体のサインをキャッチすることができないのです。

ですので、天気が悪い日に体調が優れなかったり頭痛がする方は、実は自律神経失調症が原因なのです。肩こりと同時に自律神経を防ぐ必要があります。

自律神経農薬失調症を防ぐ為に

自律神経失調症は、生活習慣が原因です。主に昼夜逆転生活などの生活リズムの乱れが原因です。
なので、早寝、早起きなどの生活習慣を身につけるようにしましょう。
何度も早寝早起きに挑戦したけれど失敗した…という方は、徐々に朝方に戻してみるのがいいでしょう。早起きの成功確率が高くなります。
また、食事をきちんと取ることも自律神経失調症の予防に役立ちます。
バランスの良い食事をすることが大事です。脂っこい食べ物やジャンクフード、お菓子ばかり食べずに、きちんと新鮮な野菜やタンパク質、炭水化物を摂取する必要があります。
また、入浴も自律神経失調症を予防することができます。シャワーだけで終わらせず、きちんと身体を暖められるように湯船に浸かりましょう。この入浴により、副交感神経のスイッチが入り、リラックスして睡眠を取ることが可能になります。
そして、ストレスも自律神経の失調症の原因となります。できるだけストレスの原因となるような原因を取り除くよう努力しましょう。アルコールを控えることも大事です。

自律神経を乱す原因は沢山あります。一つづつでいいので実行していきたいですね。