坐骨神経痛の予防や症状の慢性期の面では日頃の筋肉トレーニングが重要になってきます。しかし、急性期の坐骨神経痛は患者さんをとても強い痛みで襲います。その痛みを抑えるために、様々な治療法が存在しています。

薬物療法

痛み止めの薬を内服

簡単、手軽に摂取することができますが、飲み過ぎると胃が荒れて腹痛の症状が現れる場合があります。副作用に注意して飲み過ぎない様にしましょう。

薬物療法は鎮痛剤を服用するだけなので、神経痛の根本的な解決にはならない

神経ブロック注射

ステロイド系の薬物治療

ブロック注射とは、注射を使ってステロイド系の薬(副腎皮質ホルモン)や麻酔薬を体内に入れて痛みを抑える治療です。

注射を打つ場所は神経や神経の周辺組織に打ちます。そうすることで、通常脳に痛みを伝達する神経信号を一時的に遮断します。

言い換えると、交感神経という痛みと密接に関わっている神経の緊張を緩め、患者さん本人に痛みを感じさせないようにします。

痛みや症状により様々な種類のブロック注射があります。患者さんに合わせて注射を打ちます。また、何種類か併用して1人の患者さんに注射を打つ場合もあります。

一時的には痛みがかなり緩和される

ブロック注射を打つ際は強い痛みがありますが、注射を打った後は薬が患者さんに合っていた場合に坐骨神経痛の痛みが緩和されとても楽になります。

合っていなかった場合は残念ながらあまり効果は無いので、ブロック注射をしたからといって必ずしも痛みが緩和されるとは限りません。注射を打った後にその場所が痛くばる場合、注射の針が神経根に直接触れてしまったことが原因なので慌てないようにしましょう。

ただし頻繁な使用は不可

また、ブロック注射は神経根にとても大きなダメージを与えます。なので、あまり頻繁に使用することは不可能です。

根本的な治療は外科手術

薬物療法と同様にブロック注射も痛みの根本の原因である椎間板ヘルニアなどを治すことはできません。痛みを一時的に緩和する、抑制することしかできません。なので、まずは安静第一、そしてストレッチやマッサージが重要になってきます。そして、どうしてもこれらの治療が効かない場合、外科手術によって治療をします。

坐骨神経痛に効くストレッチ

坐骨神経痛を抑制するためには、主に股関節や腰、梨状筋を伸ばす必要があります。梨状筋のストレッチと股関節のストレッチはとても簡単で効果があるので、是非挑戦してみてください。

梨状筋のストレッチ

1仰向けに横になる
2両膝を立てる
3右膝を胸に向かって曲げる
4左足で右足を持ち、左足を両手で抱える
5足をゆっくりと胸に向かって伸ばす
6反対側も同様に

股関節のストレッチ

1左足の膝を立て、右足の膝は後ろに置きます。
2左足に体重をかけて体を沈めていきます。
3反対側も同様に