坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは、主に下半身のお尻から下にかけてしびれや痛み、麻痺の症状が現れることを指します。

坐骨神経が圧迫される神経痛

坐骨神経痛という名前は病名ではなく、この痛みの症状のことを言います。坐骨神経が何かの原因により圧迫され、刺激を受けた際に発生するしびれや痛みのことを坐骨神経痛と言います。坐骨神経痛の多くは腰痛、お尻、太もも、すねや足の先にしびれや痛みの症状が現れ、重症化すると痛みや麻痺の為に歩行障害が出ることもあります。

坐骨神経はどこにあるの?

腰〜足の先まで太く長い坐骨神経

坐骨神経はどこにあるのかというと、腰、骨盤、お尻の順に通って足の指先まで続いています。坐骨神経は末梢神経系の一つで、人間が持つ神経の中で最も太く、ペン軸ほどの太さがあります。

また、坐骨神経は太いだけでなく1m以上とかなりの長さを持っています。

体をつかさどる重要な神経

坐骨神経は、下半身の筋肉を支配しています。歩いたり体のバランスを取るためには坐骨神経は欠かすことのできない重要な神経です。

坐骨神経痛に効くツボ

痛み止めや麻酔薬による治療にはできるだけ頼りたくない…という方は、ツボ押しを試してみてはいかがでしょうか?実は、坐骨神経痛に効くツボがあるのです。

背中にある、腎兪(ジンユ)

腎兪は、へその高さに手を置いた時、親指が触れる所(背中)にあります。坐骨神経痛だけでなく、腰痛や胃腸炎、全身の疲労感にも効果的です。親指の腹で内側にむけて押してみましょう。

太ももにある、殷門穴(インモンケツ)

殷門穴は、後ろ側の太もものほぼ真ん中に位置します。坐骨神経痛、さらに下肢麻痺に効果があります。あまり力を入れ過ぎないことがポイントです。優しく持続的にツボを押してください。

腰あたりの、大腸兪(ダイチョウユ)

大腸兪は腰の後ろにあります。背骨を挟み、左右対称に指2本分を横にずらしたところにあります。坐骨神経痛の他に大腸や小腸の疾患に効果があります。親指の腹でゆっくりツボを推しましょう。

基本的な原因と予防方法

最も一般的な原因は腰椎間板ヘルニア

年齢が若い人、高齢者どちらもこの腰椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛がとても多いです。また、この他に若い人の場合は梨状筋症候群が原因となり、高齢者の場合は腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)が原因となる場合が多いです。

正しい姿勢を意識したい

坐骨神経痛にならないためには、普段から正しい姿勢を保つよう努力をしたり、冷えから身を守る必要があります。特に下半身の冷えには注意しましょう。

また、体重が増加するとその分だけ腰に負担がかかります。脂っこい脂肪分の多い食事や糖分の多い食べ物はできるだけ避け、無理の無い範囲で運動をするようにしましょう。