睡眠の質と肩こり

肩こりを解消するための有効な方法を見付けるためには、そもそも肩こりの原因になっている事は何か、ということを突き止めるのが一番の近道です。

人それぞれ肩こりの原因は違うと思います。中には隠れた病気が潜んでいる場合もありますが、単なる肩こりであればそのほとんどがおそらく「日頃の生活習慣」であると言ってもいいでしょう。

普段の生活の姿勢も大きな原因

長時間のパソコン作業や同じ座り位置でのTVの視聴、バックをいつも同じ方の肩にかけていたりと、日々の生活の中で無意識に行っている事が、肩こりの最も大きな原因と考えられます。そういった生活習慣の負荷による肩こりの場合は、パソコン作業の合間に肩を中心としたストレッチを行ったり、いつもTVを見ている座り位置とは違う場所に座ってTVを見るようにしたり、バッグを両方の肩へ交互にかけるように意識する事で、徐々に肩こりが解消されていきます。

体の冷えも要因に

また、肩こりにお悩みの方には慢性の「冷え」の人も多く見られます。冷えが原因による肩こりの場合は、とにかく体を暖めることです。冷えの解消が、肩こりの解消に繋がると言ってもいいでしょう。外出時に厚着をするのはもちろん、飲み物は温かい物を選ぶようにしたり、毎晩シャワーで済ませていた入浴をきちんと浴槽に浸かるように心掛けるだけでも、だいぶ冷えは軽減出来ます。

冷えは血行が悪いということとも密接に関係しています。いくら温かい飲み物でも、人工甘味料が入っているものは血行を悪くして冷えを加速させ、結果肩こりの悪化にも繋がってしまいますので、控えるようにしましょう。

食生活を見直そう!

他にも、肩こりを解消させるための有効な方法として「食生活に気を付ける」ということが挙げられます。まずは、人工甘味料に限らず血行を悪くしてしまうような食生活を避けることです。それは例えば、お肉ばかりの食事やインスタント食品やファストフードばかりの食事です。こいうった食生活を続けている間は、肩こりの解消は難しいと言えるでしょう。

食生活で肩こりを解消する重要なポイントは、「栄養バランスの良い食生活を心掛ける」ということです。忙しい毎日の中で3食全てを自炊で栄養管理する事はとても大変だと思いますので、せめて1食だけでも野菜中心の食事にしてみたり、お肉をたくさん食べる時は野菜も並行してお肉の消化を助けたりと、小さなことでもいいので積み重ねてみて下さい。

これらの方法は、あくまでも医薬品に頼らないで肩こりを解消するための方法です。もしも改善がみられない時は、その裏に病気が隠れている場合もありますので、病院で医師の診断を受けることも視野に入れましょう。