免許更新までに視力回復皆さんの中にはこれから免許更新に行かれる方がいると思います。「今年は無事故無違反だったから、問題なく免許更新ができる!」と安易な気持ちでいると危険です!実は免許更新に視力検査があるのです。

もし視力検査で落ちてしまったら免許更新は不可能になります!そこで今回、これからできる目が良くなる方法や近視の改善方法等を紹介していきます。少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

意外とハードルが高い!?免許更新に必要な視力

今まで問題ない人でも、目が悪くなり近視になっていきますと視力検査で引っかかる可能性が上がります。目が良くなる方法の前にまずは視力検査の基準を紹介します。

皆さんが所有している普通自動車の免許の場合、両眼で0.7以上・片眼で0.3以上になります。もし片眼で0.3未満の場合、もう一方の目で視力が0.7以上あり且つ視野が左右合わせて150度以上必要になります。とは言え、眼鏡やコンタクトレンズ、そしてレーシック手術を施して視力を矯正しての計測は問題ございません。

意外と免許更新の際に、視力のハードルは高いですので良く覚えておきましょう。

1日でできる目が良くなる方法とは何?

眼鏡やコンタクトレンズ等で視力を矯正すれば問題ないですが、中には嫌う人もいます。また視力が後0.1足りないだけだから作るのは面倒だ!と感じる人も多いと思います。

そんな皆さんのために、ここでは1日でできる目が良くなる方法を2つ紹介します!

1つ目は温感回復

これは蒸しタオルを活用して目の周りの血流を改善し、視力を改善する方法。

注意が必要なのは熱すぎるタオルですと、反対に目の細胞を破壊する可能性がありますので行うのであれば自身で触り、少し熱いと感じる程度にしましょう。

2つ目はまばたきによる改善方法

これはただ単にまばたきをするのではなく、強弱を付けてまばたきをして目全体の血流を改善させます。やり方は簡単で、1.2.3と言うカウントをしていき「3」の部分で顔全体でギュッ!と目を閉じます。それを5秒ほど保ち、5秒経ちましたら2~3回繰り返して行いましょう。

以上、上記の2つは1日でできる視力改善方法です。

体の内側から変える?食事による視力回復方法

1日で視力が回復と言うのにも限界があります。その日は良くなっても次の日に戻っていると言う事はよくあります。ここで紹介するのは食事によって体の内側から視力を回復していくことです。

視力が回復する食物の代表と言えばブルーベリーですが、この他にも幾つかありますので紹介していきます。

1つ目は卵

と言うのも卵には多くの「ルテイン」と言う栄養素を含んでいるためです。ルテインは眼球内の環境を改善して視力を保とうする働きがありますので、摂取していくと視力の改善につながります。しかし、卵を摂り過ぎると今度はコレステロールが溜まりますので注意しましょう。

2つ目はほうれん草

ほうれん草は卵の所で紹介した「ルテイン」と同じく眼球内の環境を改善する「ゼアキサンチン」が含まれています。この2種類の栄養素が眼球内の環境だけでなく視力も一緒に改善していきますので必ず摂取したい食品です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
免許更新には視力検査がありますので、近視の場合はもしかしたら合格ではなく不合格になる可能性があります。そのため上記のように目が良くなる方法の他に、体の内側から改善する方法もありますのでぜひとも実践していただけると幸いです。