中耳炎とはどんな病気?

風邪などをきっかけに細菌が鼓膜の奥に入り炎症を起こす病気です。比較的子供に多く見られますが、大人でもなる場合があります。子供に発症しやすい原因として、耳と鼻を繋いでいる耳管と呼ばれる管が大人より未発達で短く太いのと、傾斜がなだらかなため、ウイルスや細菌が中耳に入りやすいためと考えられています。このため、喉や鼻に病気が起こった時は中耳炎になりやすいので特に注意が必要です。

中耳炎の症状

中耳炎は急性と慢性に分けられます。急性中耳炎が3ヶ月以上治らない時は慢性中耳炎と言われています。
耳が痛い、発熱、耳垂れが出る、耳が詰まった感じがする、聞こえが悪い、といった症状があります。大人の場合は重症化する事は比較的少ないのですが、乳幼児の場合は再発しやすく、重症化、難治化することもあります。中耳炎は3歳以下の子供の80%が一度はかかると言われるほどですが、子供のほとんどが自覚症状を訴えません。
子供、幼児の場合は、集中力の低下、返事が遅い、怒りっぽいという症状。また、乳児の場合は、ぐずついて良く泣く、耳を触る、という症状があれば中耳炎を疑い、すぐに病院にかかりましょう。10歳を過ぎるとあまりかかりにくくなりますが、小さいうちはしょっちゅう風邪を引くので、風邪とセットのように中耳炎になることも多いです。

中耳炎の治療

病院では薬物療法が基本的に取られます。まずは痛みを止めます。痛みが続く場合は痛み止めを飲みましょう。耳の後ろを冷やすだけでも楽になります。中耳炎は早期に治療を行わないと中耳に膿がたまり続けてしまい滲出性中耳炎に移行してしまったり、慢性化して繰り返すことにより鼓膜を破って耳垂れが出続けてしまい、鼓膜に穴が永久的に開いてしまう慢性中耳炎に進行してしまうことがあります。そのため、中耳炎と診断された場合はしっかりと完治するまでは通院しましょう。
また、鼓膜の腫れが激しかったり、耳の痛みが激しい時、高熱・頭痛が続く場合などは鼓膜を切開して中耳より膿を出す場合もあります。

中耳炎を繰り返さないために

中耳炎は完全に治るまでは月単位でかかります。中耳炎を繰り返さないためには、風邪を長引かせない、鼻水・鼻づまりはしっかり治療する、鼻を強くかまない、鼻をすすらない、ということです。乳幼児の場合は自分で痛みをなかなか訴えないため、特に注意をしましょう。