3歳までに80%の子供がかかると言われている中耳炎。身近な病気ですが、きちんと治さなければ、難聴や発語、理解力の低下を引き起こす可能性があり、後の障害が心配な病気でもあることはご存知でしょうか?

中耳炎が起こる原因

中耳炎とは、主に細菌やウイルスが中耳に入って炎症を起こす病気の事です。多くは急性中耳炎に該当します。風邪をひいた時、鼻や喉にある菌が耳管を通って中耳に入ってしまい炎症を起こすと中耳炎になります。また、プールやお風呂の水を鼻や喉を経由して耳に流れ込んだことが原因になるケースもあります。乳児では、吐いたミルクが耳に入ったことで中耳炎を起こすこともあります。

中耳炎は大人よりも子供に多く見られる病気です。なぜなら耳管がまだ未発達で充分な長さがなく、また角度も水平に近く菌が侵入しやすいからです。
季節は、風邪の流行しやすい秋から冬にかけて、それから、入園シーズンの春に多く見られます。10歳くらいまでにかかりやすいのですが、80%の子供が自覚症状を訴えないと言われています。幼少時には特に注意が必要です。

中耳炎の症状

耳痛・耳だれ・発熱・難聴・耳閉感・めまいが挙げられます。多くは突然起こる耳の痛みから発覚します。しかし、耳の痛みを訴えることが出来ない乳児や、また、痛みがあまり強くない場合は徐々に炎症がひどくなって耳だれが出てから気付くこともあります。

中耳炎の予防法

  1. 鼻の中を清潔に保つ
    • 風邪を引いたときの黄色や黄緑の鼻水は中耳炎の原因になる細菌が混ざっている事が多いです。なるべく鼻水をすすらず、こまめに鼻をかませましょう。子供に鼻をかませる時には片方ずつしっかりかませましょう。乳幼児の場合は鼻水吸引器を使って下さい。
  2. 抱っこして頭を立たせた状態で授乳する
    • 赤ちゃんを仰向けにしたり、添い寝しながらの授乳は避けましょう。ミルク、母乳が耳に流れてしまい「ミルク性中耳炎」にかかる可能性があります。
  3. 耳掃除はし過ぎないように
    • 子供の皮膚は大人よりもデリケートです。耳掃除のし過ぎると、粘膜が傷ついてしまい細菌が入りやすくなります。
  4. 規則正しい生活
    • 菌に対する抵抗力を付けるためにも離乳食の栄養バランスや規則正しい生活が大事です。
  5. 治療は最後まで
    • 痛みがなくなって治療をやめてしまうと、滲出性中耳炎になってしまう可能性があります。自己判断ではなく、完治するまで通院を続けましょう。