十分寝たはずなのに、起きた瞬間から疲れを感じていませんか?疲労が取れない寝具は、腰痛・ぎっくり腰の原因になります。腰痛の治し方にはいろいろありますが、マットレスを変えただけで治ることもあるのです。

〈ぎっくり腰の原因はマットレスだった〉

ぎっくり腰の原因は…

私たちの腰には椎間板というものがあります。背骨の間にある軟骨状のもので、脊椎にかかる衝撃を吸収します。しかし、この椎間板は早くも20歳頃から老化し始めて弾力性がなくなり、30代後半になると脊椎が変性してきます。

この時に、年数がたって変形したり柔らかすぎるマットレスを使っていると、脊椎の状態がますます悪化してぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰はその時だけ耐えればいいものではなく、のちに腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症へと悪化していく事もあるのです。こんな恐ろしいぎっくり腰を予防するためにも、正しいマットレスを選ばなくてはいけませんね。

マットレスを変えて腰痛を直す

〈まずはマットレスを変えて腰痛を治す〉

腰痛の治し方には、ストレッチ・気功・整体・マッサージ・カイロプラクティクスなどの方法があります。どれも効果はあるのですが、1日のうち8時間を眠りに費やす私たちは、睡眠時間をもっと有効に使って腰痛を予防したいものですよね。

そこでマットレスを替えてみましょう。柔らかすぎたり硬すぎるマットレスは腰に大きな負担となり、目が覚めた時に腰痛を伴うこともあります。最悪の場合には、ベッドから出たとたんにぎっくり腰を起こすこともあるのです。

〈低反発か高反発か?〉

高反発マットレス

どちらが腰痛にいいかといえば、高反発マットレスです。あまりに柔らかすぎる低反発マットレスは腰が沈み込み寝返りも打ちにくい、夏は汗をかきやすい、などの理由で避けられるようになりました。

しかし、高反発マットレスは身体の自然なカーブに負担をかけないので、体圧が分散され腰や背骨の痛みを軽くします。その他にも、通気性がある、ヘタリがない、洗濯も可能、などのメリットもあります。

私たちの睡眠を快適にサポートしてくれる高反発マットレスですが、購入の場合には事前に試すことをお忘れなく。特に、筋肉の少ない女性は、高反発マットレスの使用で痛みを感じることがあるので要注意ですよ。ネット通販を利用するときには、お試し期間があるものは良心的だと言えますね。

マットレスは安くはない買い物です。ご自分の体調とライフスタイルに合ったマットレスを選んで、清々しい朝を迎えてくださいね。