それはある日突然に

腰痛

突然普段の生活で、「あれっ!腰痛い!」と思った経験はありませんか?
病院で診断してもらったら「椎間板ヘルニア」、または「座骨神経痛」と診断されて、「どうしよう、腰痛はなかなか治りにくいって聞いたことあるなあ…諦めるしかないのかな」と落ち込んでいらっしゃる方も多いのでは無いでしょうか。
しかし、日々のストレッチで簡単に痛みを緩和し、回復へ導くことができます。今回は、そんなヘルニアや座骨神経痛に効くストレッチをご紹介したいと思います。

椎間板ヘルニア、座骨神経痛ってなに?

腰が痛い

そもそも、椎間板ヘルニアの症状である「座骨神経痛」は何が原因で発症してしまうのでしょうか?

椎間板ヘルニアは、何らかの原因で背骨の椎間板と呼ばれる軟骨が変性してしまうことを言います。その飛び出した軟骨が神経を圧迫してしまうことが腰痛や下半身の痛みを引き起こしてしまうのです。

若い人も気をつけましょう

加齢と共に発症するケースが多いですが、デスクワークが中心でずっと同じ格好をしている30代前後の若者や、激しいスポーツが原因で10代20代でも発症してしまうケースもあります。また、ヘルニアでは無いですが、妊婦などが原因で妊娠後期に坐骨神経痛を引き起こすことがあります。
ですので、普段重い物を無理して持ったり、突然激しい運動をしたり、猫背のような体勢を長時間する、というような行動は避けるようにしましょう。

油断してはダメ?「身体の半身だけ痛い」「ちょっとだけ腰に違和感」

また、注意してほしいのは、身体の半身だけが痛い、または少し違和感がある程度だからといって、そのまま症状を放置しないようにしましょう。
右側の腰しか痛くないからまだ歩けるし、大丈夫だろうと思っていると、ある日突然激しい痛みに変わったり、左側にも症状が出てきて歩行困難になるケースもよくあります。違和感を感じたら、負担がかかるような動作はすぐ禁止して、病院に行く、ストレッチをする、温めるなどの具体的な対策を施しましょう。

どうしてストレッチが効くの?

ストレッチ

では、痛い痛い座骨神経痛に、なぜストレッチが効くのでしょうか?
ストレッチをすることにより、全身や患部の血流が改善されます。そしすることにより患部の圧迫が改善され、痛みを減らすことができるのです。
この痛みを減らすことは、後の回復にとてもいい影響を与えます。痛みを少しでも取り除くことは、回復力を高めることになるのです。

ストレッチ①椅子に座って簡単ストレッチ

姿勢を正し、椅子に座って片足だけあぐらをかいてみましょう。簡単で安全で、とても効果があります。

ストレッチ②仰向けになり膝を左右に倒すストレッチ

仰向け寝っ転がっがり、膝を左右に倒しましょう。もし痛みが酷い場合は、痛くない片方のみで大丈夫です。気持ちのいいところで2,3秒止め、力を抜きましょう。筋肉を緩めながら動作することを意識しましょう。この方法はお腹が大きい妊婦さんの座骨神経痛におすすめです。

ストレッチをする上で大事なポイント

ストレッチをするときは、息をしっかり吐き、できるだけ筋肉を緩めましょう。