パーキンソン病になると介護が最終的には必要になったりと、とても重篤な症状を引き起こしかねない病気として知られています。そんなパーキンソン病に対する有効な薬などはあるのでしょうか?またリハビリはどのようなものが行われるのでしょうか?高齢社会になっている今、パーキンソン病という病気は他人ごとではなく、自分や自分の家族に迫ってくる病気なのです。

パーキンソン病と治療薬

パーキンソン病の治療薬パーキンソン病の薬として使用されるのは、不足しているドーパミンを補うものです。これらの薬には高い効果を期待することができます。しかしその一方で副作用もあることを覚えておきたいです。ウェアリング現象、ジスキネジア、幻覚などが代表的な副作用です。

このような副作用があることから、外科治療も活用されています。外科療法の内容としては、電極を脳内に埋め込んで、神経を正常に働かせる深部脳電気刺激療法というものがあります。さらに筋肉の硬化を防ぐ方法としては、リハビリが並行して用いられます。

パーキンソン病に有効とされている治療薬

パーキンソン病に高い効果を発揮するとされている投薬治療。そんな治療薬は主にドーパミンを補うものが使用されています。一例としてドーパミンの分泌量を増やすL-ドーパ製剤ドーパミンの受け取る量を増やすドーパミン受容体刺激薬などが実際にいま使われている薬です。

しかし上記でも述べたように、副作用があることから薬の量や飲む回数など服用はとても難しいとされています。リスクが伴うのです。そのために服用を中止しなければならないこともあります。また体重が減りすぎて悪性症候群が発症してしまうこともあります。そのために薬の投薬については、十分に医師との相談をする必要があります。

リハビリの場合は?

パーキンソン病は、筋肉が硬化していくのも特徴とも言われています。そのために、表情が硬くなってり、動作が小さくなったりします。
そんなパーキンソン病に対して行れるリハビリは、緊張した筋肉を動かして動作をよりしやすくするということになります。また体を動かすことには、精神的のも効果があります。そのためにパーキンソン病でなりやすいうつ病などの対策になります。

具体的なリハビリ内容は、着替え、料理、掃除・洗濯など日常生活の動作が行われます。またバランスを失いやすいために、バランス感覚を鍛える歩行訓練も行われます。リハビリは、パーキンソン病と長く付きあう点でとても大事なポイントとなります。積極的に取り入れたいことです。