セルライトとは脂肪の一種で、主に血行不良などが原因で脂肪細胞の周囲に老廃物や水分が溜まってしまう状態の事を指します。そうなってしまうと表面の皮膚がボコボコの状態になってしまい、とても肌が汚く見えてしまうというとても厄介な症状です。そして驚くべきことに身体のどこかしらにセルライトが出来しまったという経験は、全女性の9割にものぼるそうです。この非常に厄介なセルライトはどのように除去したらよいのでしょうか?

セルライトは天敵

一つ言える事はセルライト脂肪の一種ですが、運動などの通常のダイエット方法では除去は困難という事です。セルライトになってしまう主な要因は、基礎代謝の低下、運動不足、バランスの悪い食事、環境要因、などがあげられます。どれも非常に身近な問題で、女性の多くがセルライトができてしまった経験があるという事実も納得ができます。

そしてセルライトの除去方法はその人の体型によって違いが出来ています。その違いとは主に、全身肥満型、局所肥満型、水太り型、に分類されます。まずは自分がどの体型に分類されるかを知るのがセルライト除去への第一歩といえるでしょう。

まず完全肥満型ですが、これは40代以降の女性に多く見られる体型です。この完全肥満型にもっとも有効なぜるライト除去方法は運動です。とはいえ激しい運動の必要はありません。30分程度のウォーキングでも充分効果はあるので毎日継続する事が大切です。

次に局所肥満型ですが、この体型は無理な食事制限や、あまり正しいとは言えないダイエットを行った結果、代謝しにくい脂肪を蓄えてしまった事が原因の場合が多いです。この局所肥満型に有効なセルライト除去方法としてリンパマッサージがあります。局所肥満型になってしまう原因は血行不良により脂肪が一か所に滞った状態といえるからです。得に足の付け根などのリンパが集中している部分をマッサージする事で身体の血行が促進され、自然と局所肥満型が解消され、セルライト除去にもつながるでしょう。足の付け根以外にもふくらはぎや膝の裏などをマッサージする事でリンパの流れが良くなります。

最後に水太り型ですが、この水太りとはズバリ、むくみ体質の事を指します。冷え性の女性に非常に多いパターンで、冷え性の改善がそのままむくみ解消にもつながり、セルライト除去にもなります。有効な対処方法としては食事を改善して基礎代謝高めるようにするのが良いでしょう。食品の中には身体を温める効果のあるものがあるので、そういった食材を積極的に摂るのが良いでしょう。身体を温める食品として有名なものに唐辛子や生姜があります。唐辛子は刺激物でもあるために食べすぎはあまり身体に良いとはいえません。その点でいえば生姜が冷え性改善にとても有効な食品といえます。このような食事生活の工夫で冷え性が改善されれば自然とむくみ体質も治り、むくみによるセルライトも除去されるでしょう。

以上のように、セルライトを除去しようとする場合には自分がどのような原因でセルライトができてしまっているかを把握して、正しいダイエット方法を実践する必要があるのです。