バランスの良い食事とダイエット

ダイエットには運動も大切ですが、食事も重要です。いくら運動をがんばっても、食事がよくないとダイエットの効果は半減してしまいます。ダイエット中にしたい食事、食事の摂り方や方法を知っておくと、ダイエットもスムーズに進めることができますね。ダイエットに効く食事を、いくつかご紹介します。

食事が基本

食べる量は減らさない!

「たくさん食べると太る」と誰もが思いますよね。もちろん食べすぎは太ってしまいますし、腹八分目は必ず守らなければなりません。しかし、食べる量を減らしてしまうのは、とても逆効果なのです。摂取カロリーが減るのでおのずと体重は落ちますが、それは一時的なものです。時間が経つと必ずまた下に戻ってしまいます。それに、ダイエット中は運動をするのでカロリーが必要です。今まで食べていた量、腹八分目を守れば、しっかり食べても大丈夫です。食べないとストレスにもなり、リバウンドの原因にもなってしまいますし、食べることはダイエット中でも大切なのです。

よく噛んで食べる

さて食べ方なのですが、どんな食事でもよく噛んで食べることを意識しましょう。なかなか痩せられない人の特徴として、早食いがあります。早食いはついつい食べ過ぎてしまいますし、噛む回数も少ないので消化が悪くなります。太る原因にもなりますし、噛まない食事では痩せることはできません。よく噛んで、味わって食べるようにしましょう。たくさん噛むと満幅中枢が刺激されて、おなか一杯になりやすくなります。自然と食べる量もセーブされて、消化しやすくなるのでおなかにも優しい食べ方です。よく噛んで食べる、これはダイエットの基本かもしれません。

炭水化物を抜かない

ご飯抜きダイエットというものがあります。炭水化物は確かにカロリーが高いですし、食べ過ぎると太ってしまいます。しかしダイエット中には、炭水化物に含まれる糖分が必要。体重が落ちていくことも、実は消費カロリーがとても多いのです。その際に炭水化物に含まれる糖分がないと、体重の落ち方にムラができたり、十分に痩せられなかったりします。体力を蓄えないとダイエットは続けられませんので、炭水化物は抜かないようにしましょう。

サラダの食べ過ぎは注意!?

できれば生野菜を避ける

サラダはローカロリーだし栄養も豊富だし、たくさん食べよう!と思って、生野菜をたくさん食べ過ぎていませんか?実は生野菜は体を冷やしてしまうので、ダイエット中には好ましくありません。少量なら問題ありませんが、毎日のようにたくさんの生野菜を食べていると内臓が冷きってしまいます。内臓が冷えると消化機能が衰えて、カロリーの消費も悪くなります。ダイエットにはふさわしくない状況なので、生野菜など体を冷やす食べ物は極力避けましょう。