頭が痛い!!頭痛というのは、1日を台無しにしてしまうものでもあります。そんな頭痛にはいくつかのタイプがあります。自分のタイプを知ることで、適切な対処法を実践でき早く頭痛から解放されることでしょう。では、さっそくもっともメジャーな3つのタイプの頭痛について迫ってみます。

女性に多い偏頭痛

頭が痛い!

頭の片側、または時に両側が、ズキンズキンと脈を打つような痛みが特徴なのが、偏頭痛です。頭の片方が痛むということから、片頭痛とも書かれることがあります。 慢性頭痛の代表的なもので、女性ホルモンと関係が深いと言われています。そのために女性が男性に比べて4倍も多いのが特徴です。

片頭痛はひどい場合は、薬を使用しますがそれ以外は痛みを鎮める方法を試すことができます。冷却グッズで冷やすことで、血管の過度な拡張を和らげます。逆に血液を拡張させるシャワーやお風呂はNGです。
さらに規則正しい生活で、ストレス、睡眠不足などを避けます。
片頭痛が起こしやすい食べ物もあります。チョコレート、チーズ、ワインなどです。これらの食品を食べて頭痛が起こるのであれば、避けましょう。

男性に多い群発頭痛

群発頭痛は、目がえぐられるよう、きりで刺されるようなどといわれるほど激しい痛みが特徴です。そんな頭痛が群発的に起こり、1か月から2か月ほど続きます。季節の変わり目に起こることが多く、患者の多くが20代から40代の男性です。
原因に関してははっきりとはわかってはいませんが、頭部の血管の拡張が関係していると考えられています。さらにアルコール・タバコが誘発物質になります。
治療・予防策は薬を用いて行われますが、嗜好品を特に群発期には避けることで、頭痛が始まるのを抑えることができるとも言われています。

誰にでも起こる緊張型頭痛

一般的には頭痛に効くとされるのは薬だが...

緊張型頭痛は、頭の周りを締めつけられるような鈍い痛みが特徴です。人や場合によって、頭痛が続く時間は30分から数日にまで変わってきます。頭痛だけではなく、肩や首の強いこり、めまいなども一緒に起こる複合的な頭痛です。
原因は主にストレスであると考えられています。精神的なストレスはもちろんですが、身体的ストレスも関係します。パソコン操作や、うつむき姿勢、車の運転、就寝時の寝違えなど体に負担がかかった時にストレスを感じて頭痛が引き起こされます。
ストレスが原因のためにストレスを取り除く必要があります。心のストレスをためないこと、体のストレスをストレッチや入浴などで筋肉をほぐすことで緩和することが有効です。

まとめ

頭痛には種類があります。自分の頭痛の種類を知って、それに合わせた治療法を行っていくのが、頭痛への適切なアプローチとなることでしょう。