インフルエンザの症状に注意

インフルエンザは永続的に流行しているウイルスの感染症の一つです。毎年のように秋から冬にかけて起こるケースが多く、多くの感染者を出してしまいますね。

特に冬場は空気が乾燥して、ウイルス感染が起こりやすい状況となっていますので、抵抗力や免疫作用の弱い方に発症してしまうケースが多く、子供や高齢者は特に注意したい感染症の一つです。具体的にインフルエンザには、どのような症状が起こりうるのかご紹介していきましょう。

インフルエンザA型が発症してしまった場合とは

インフルエンザA型は人間だけでなく、鳥や馬や豚など、動物や鳥類にも感染する危険性があるとても感染力の強いウイルスです。感染力が強いため、パンデミックを起こしてしまう心配もあるウイルスの一つとして挙げられています。

実際にインフルエンザA型に感染してしまうと、非常に高い熱が出てしまいます。38度から場合によっては40度近い熱が出て絶対安静が必要な症状です。熱以外に寒気や発汗、頭痛、喉の痛み、めまい全身の倦怠感、節々の痛みなどが挙げられます。
ただ、ウイルスの潜伏期間は短く、3日以内には快方へ向かっていくといわれています。

インフルエンザB型が発症してしまった場合とは

インフルエンザB型は感染力としてはA型を上回るものではないものの、人から人への感染も確認されている非常に厄介なウイルスです。
そのため、インフルエンザB型と確認された場合は、基本的に人との接触を避ける必要があります。学校や会社などでも強制的に自宅待機を要請されるケースもあります。

インフルエンザB型はA型と同様に高熱が出ます。また、その他の症状もほとんどA型と同じようなものがありますが、B型の場合はそこにプラスして消化器官などの悪影響を及ぼす危険性のあるウイルスです。消化器官に影響が出やすいということで胃腸炎や胃炎、下痢などの症状は、こちらのB型の方が強いといわれています。

インフルエンザ発症後の対応策とは

インフルエンザの症状が確認されたら、解熱剤抗生物質は欠かせません。咳や喉の痛み

が激しい場合は抗ヒスタミン薬や気管支拡張剤などを使用して気道を確保する必要があります。また、肺炎の併発を防ぐために抗生剤を使用するケースもあります。

インフルエンザ対策として、症状が出た場合にタミフルなどもありますが、10代で使用すると情緒不安定な精神状態を招く事故もあり、慎重を期する必要がある薬としても知られています。

インフルエンザA型とB型の違いはこちらも:
インフルエンザ、A型とB型で何が違うの?